ゴールデンカムイ最新第303話ネタバレ含む感想と考察。

スポンサーリンク

第303話
※第302話のみ。第303話はヤングジャンプ発売後に更新予定です。

前話第302話あらすじ

杉元は鶴見中尉を倒せばこの戦いが終わると考え、車両の外に出る。

しかし鶴見中尉は車両の天井に上がっていた。

杉元たちのいる客車の前方の車両では、第七師団兵たちが後方のドア付近に集結していた。
後方の車両に向かうドアを兵が開けようとした瞬間、ドアごと客車内に突進する牛山。

十名以上の第七師団兵たちは、牛山の勢いに押されて客車の中央に押し戻されていく。

土方の指示で客車から飛び降りて逃げようとするアシリパ。
しかし汽車と馬で並走している月島軍曹が監視しており、飛び降りることができない。



スポンサードリンク



鶴見中尉は車両の屋根から月島軍曹に、先頭の車両から回り込んでアシリパを挟み撃ちにして矢筒を奪うと指示を出す。

牛山と土方がいる車両に入る杉元。

土方は杉元に、アシリパと飛び降りて森にでも逃げろと指示する。

しかし、残って出来るだけ追っ手を減らす、とその申し出を断る杉元。
「アシリパさんの権利書を守るにはそれしか無い」

土方に、金塊の分け前なんて忘れてそうだな、と言われた杉元は答える。
「自分のためだけならとっくに辞めてる 親譲りのおせっかいさ」

いや……、と土方。
「いや……武士道だよ 杉元佐一」



スポンサードリンク



後方の杉元と土方とは別に、先陣を切っていた牛山は多くの第七師団兵相手に孤軍奮闘していた。
客車の窓から次々と兵が投げ捨てられていく。
師団兵を倒しながら前方に向かう牛山の前に立ちふさがったのは、銃剣を携えた月島軍曹。
牛山と月島軍曹は睨み合う。

先頭車両の二人の運転士を射殺し、車両に乗り移る尾形。
「暴走列車地獄行きだぜ」

第302話の感想記事です。

ゴールデンカムイ最新第302話車内暴力ネタバレ含む感想と考察。数十人もの第七師団...
第302話 車内暴力前話第301話あらすじこの汽車に乗っていた師団兵たちは追加の第二陣だった。師団兵を、まるで棒切れを振り回して、他の師団兵をなぎ倒していく牛山。師団兵はこの怪物が不敗の牛山だと気づく、投げ飛ばされた兵のj身体の直撃を受ける師団兵たち。牛...



スポンサードリンク



第302話

※ヤングジャンプ発売後に更新します。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280