姉畑支遁先生のモデル(元ネタ)はシートン。元祖けものフレンズの死因は腹上死でマジすげえw

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ111話 姉畑

姉畑支遁というキャラをゴールデンカムイの読者は忘れることは出来ないだろう。

数多くの変態が登場するゴールデンカムイ作中でもその飛び抜けた変態性は燦然と輝きを放っている。

作者の野田サトル先生自身、もっと変態を出したい、そして作品を面白くしたいという意欲が旺盛な作家である。

そのためか、元々、物語上の重要アイテムである刺青人皮の持ち主である脱獄死刑囚には個性的かつ変態的な性格の活き活きとしたキャラが数多く登場する。

加えて、ゴールデンカムイ作中では、ともすれば杉元、谷垣といったレギュラーキャラにまで変態性を追加しようとしているように見える。

そんな、主人公の杉元たちを含めた数多くの変態の中でもとびっきりのキングオブ変態は誰かというテーマで投票を開始したら、きっと姉畑支遁が数多くの票を獲得するだろう。

ゴールデンカムイ108話 変態

そんな姉畑支遁についてまとめていく。

姉畑支遁とは

ゴールデンカムイ作中第108話~113話まで登場したキャラ。

網走監獄を脱走した、刺青人皮を持つ死刑囚の一人。

真ん中で分けて整えた髪、鼻の下に蓄えた髭、メガネ、と一見してインテリに見える風貌を持つ。

ゴールデンカムイ109話 姉畑支遁

しかしその実態は、動物を愛するがあまり「繋がり」を求め、それを実行してしまう、ある意味、真の「けものフレンズ」と言える最恐の獣姦プレイヤー。

姉畑支遁は動物を愛するあまり、動物を全身全霊で理解するために「繋がる」。

ゴールデンカムイ108話 変態

動物を理解したいから繋がる、という、常人の常識を軽く凌駕する論理の飛躍こそが姉畑支遁の変態たる所以と言えるのかもしれない。

「繋がった」後、動物と致した自分への嫌悪感から相手の動物を滅多刺しにして殺してしまう。

その意味不明さ、狂気もまた、姉畑支遁のド級の変態という称号をより確かなものにしている。

ゴールデンカムイ108話 変態

過去、数多くの変態はいた。しかしそれは殺人鬼だったり、死体愛好家だったり、当然青少年の教育に良くはないが、まだ他の漫画にも出てきてもおかしくないキャラだった。

しかし姉畑支遁は違う。

姉畑支遁の一番の特技である獣姦に加えて家畜の惨殺というでたらめさの同居した姿は、まさに他に類を見ない変態だといえる。

ゴールデンカムイのアニメ化、実写化などのメディアミックスを遠ざけている(?)、担当編集泣かせの存在と言えるのかもしれない。

※12月17日追記。
あーあ、アニメ放送が決定しちゃったよ(笑)。

ゴールデンカムイがアニメ化!! どこまでやるのか予想する。
※2017年12月13日公開の第1弾PVより2017年7月31日、ゴールデンカムイがアニメ化されることが発表された。何しろ数多くの変態が出てくるし、アニメ化は当分無理だろうなと思っていた矢先にこの発表。しかし、いざアニメ化が発表されても、思ったより冷静な自分がいる。...

おそらくは2期、もしくは3期で登場となるでしょう。

どこまで表現されるかは分かりませんが、アニメ化にあたってこの人の存在にプロデューサーや監督は頭を悩ませていると思うんだよね。

どうやって表現するのか今から楽しみ。


スポンサードリンク



姉畑支遁のモデル(元ネタ)はシートン

シートン(アーネスト・トンプソン・シートン)は、イギリスの博物学者、作家、画家。

アーネスト・トンプソン・シートン

動物をテーマに創作した物語55編、シートン動物記を記したことでその名を歴史に残している。

姉畑(アーネスト)支遁(シートン)という名前、何よりその髪型や口ひげなどから、姉畑支遁がシートンから来ているのはほぼ間違いないだろう。

没後、まさか日本のエンターテイメントの中でとびっきりの変態キャラのモデルにされていたとは思いもしないだろうなぁ。

正直、シートンが可哀想すぎる。凄い人なんだよ、シートン先生は。

姉畑支遁の実力

姉畑支遁は、特別優れた武力、技能を有しているわけではない。

フィジカルも別に強いわけではなく、正直なところ、まともに戦った場合、そんなに脅威ではないだろう。

ゴールデンカムイ111話 姉畑

動物に関する知識によって、熊を追跡するために、見つけた熊の糞を体中に塗りたくったりするが、何か特殊な攻撃や攪乱方法を持っているわけではない。

ゴールデンカムイ111話 姉畑

無駄な決め顔

あえて言うなら、谷垣から村田銃を奪ったりする狡猾さや、何よりその変態性こそが最大の特徴であり武器と言えるのかもしれない。

杉元「姉畑支遁すげえ」

徒手空拳でヒグマに立ち向かい、見事、目的であるウコチャヌプコロを成功させたことに対する賛辞。

姉畑支遁は谷垣に濡れ衣を着せた憎き相手にもかかわらず、決死の覚悟でヒグマにとりついて、見事にウコチャヌプコロした瞬間、杉元は同じ男として思わず感動の声を上げてしまった。

ゴールデンカムイ112話 杉元

実際、ヒグマに殺される事無くやり遂げたことはすごいんだけどさぁ……。

まるで杉元もヒグマに一発ブチ込みたいように見えなくもなくて笑える。

おまけに、その時その場にいた他のキャラたちは皆呆然と姉畑支遁がウコチャヌプコロしているのを見ているだけだったから余計に面白い。

ゴールデンカムイ112話 尾形谷垣アイヌたち

呆れ返って、むしろ感心してるみたいになってる。

尾形と谷垣がここまで驚愕する様は中々見ない。

キラウシを始め、アイヌ連中は悪夢を見てるような顔してる。


スポンサードリンク



姉畑支遁の壮絶なる腹上死

呆然とする一同の中、姉畑支遁に向けて賛辞を送ってしまった杉元がただ一人、何故か姉畑支遁のことを【姉畑先生】と敬称をつけるようになり、ヒグマから離れろ、と必死になって呼びかける。

杉元がアシリパの制止も振り切ってヒグマと合体の姉畑支遁に近づくと、姉畑支遁が既に事切れていることに気づく。

その際に放った迷言。

「まさか…!! 勃ったまま死んでる……」

ゴールデンカムイ113話 姉畑

北斗の拳におけるラオウを思わせる、壮絶な最期。

アーネスト・トンプソン・シートン

(シートン先生、ごめんなさい。)

その後ヒグマが、近づいてきた杉元の動きに反応して杉元に向けて前腕を振り下ろすが、杉元は最小限の動きで体を逸らしてかわす。

その際、ヒグマにアシリパ特製の毒矢を刺し、見事ヒグマの動きを止めることに成功する。

ある意味、この対ヒグマ戦は、姉畑支遁とのタッグ戦だったと言っても良いかもしれない。

アシリパが姉畑支遁を評した一言。

「ウコチャヌプコロして力尽きるとは…鮭みたいな奴だったな」

この一言にはマジで笑った。アシリパさん最高。

続けて、アシリパが熊に殺された人間は熊に好かれて結婚相手に神の国へ貰われていったという話もある、と言うと、杉元は神妙な顔をしてアシリパに問いかける。

「そのアイヌの話…姉畑先生は知ってたのかなぁ?」

アイヌに詳しければ知ってたかも、というアシリパ。

「決死の想いも恋は成就せず…だったってわけか」

ゴールデンカムイ113話 杉元

なんでそんな戦友を送るような厳かな表情してるんだよ(笑)。

野田サトル先生としては、変態キャラの傑作を産み出したという自負があったのかもしれない。

今後、物語はまだ続くが、姉畑先生並みのレジェンドは生まれるのだろうか。

楽しみにしたい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280