ゴールデンカムイ最新第291話ネタバレ含む感想と考察。

スポンサーリンク

第291話
※第290話のみ。第291話はヤングジャンプ発売後に更新予定です。

前話第290話あらすじ

ソフィアたちパルチザンは五稜郭内に突撃してくる第七師団兵たちを迎え撃っていた。

南口では鶴見中尉たちが五稜郭内に向かっていくが、機関銃で馬をやられ、足を止められていた。

鶴見中尉は突撃を中止し、稜堡や入口の橋付近への艦砲射撃を要請するよう近くの師団兵に命じる。

牛島は、鶴見中尉からの命により飛行船への手旗信号を行っている師団兵に気付く。
土方は、それが艦砲射撃の合図だと察知して、すぐにあの師団兵を撃つよう牛島に指示する。

銃弾は手旗信号を送っている師団兵に命中するが、飛行船への指示は通っていた。

牛島のすぐそばにいたパルチザン数人が飛行船からの艦砲射撃の直撃によりバラバラになる。

その間、鶴見中尉はありったけの手投げ弾を用意するように指示し、鶴見中尉や鯉登少尉たちがいる南口に艦砲射撃が行われた直後、鶴見中尉は橋を突破しようとしていた。



スポンサードリンク



五稜郭内への侵入を防ぐため、地下壕から鶴見中尉たちに機関銃を撃つパルチザン。

しかし月島軍曹は手投げ弾で機関銃を撃っていたパルチザンを仕留める。

パルチザンたちは次々に塹壕から出てきて、銃弾の弾幕で鶴見中尉たちの侵入を防ごうとする。

しかし鶴見中尉はパルチザンを一人仕留めて、前進を止めない。

押し込まれても尚、ソフィアは慌てることなく、しかしパルチザンたちに激を飛ばす、



スポンサードリンク



土方は、都丹から引くように提案を受けるが、そうすれば艦砲に巻き込まれることを覚悟の上で第七師団兵が五稜郭内に突入してくるため、ここで食い止めると答える。
「門倉たちを信じる!!」

門倉、永倉、キラウシ、マンスールは観音様の前に来ていた。
永倉は観音様と、さらにその背後の石をどかしたところに生じた穴へ入っていく。

続けてその穴の中に入ったキラウシは、永倉の隣に立ってて呟く。
「なんだこれ」

そこには、かつて土方が函館戦争の折に隠したという、回天丸の主砲が眠っていたのだった。

第290話の感想記事です。

ゴールデンカムイ最新第289話五稜郭攻囲戦ネタバレ含む感想と考察。破壊されていく...
第289話 五稜郭攻囲戦前話第288話あらすじ1902年、ロシア領事館でアイヌたちとウイルクは話し合っていた。権利書の効力を引き出すために、榎本武揚に会うアイデアを思いつくウイルクだったが、政府の要人である榎本に会うまでに権利書が奪われてしまうこと懸念するア...



スポンサードリンク



第291話

※ヤングジャンプ発売後に更新します。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280