ゴールデンカムイ最新第253話ネタバレ含む感想と考察。

スポンサーリンク

第253話
※第252話のみ。第253話はヤングジャンプ発売後に更新予定です。

前話第252話 あらすじ

サッポロビール工場内。

杉元を発見し、激高する二階堂。

鯉登少尉がいち早く杉元にサーベルで襲い掛かる。

初撃が巨大な酒樽を直撃し、ビールが噴出。
それをまともに顔に浴びる鯉登少尉。

二階堂は腕に装備した仕込み銃で杉元に発砲する。

二対一で不利な状況にある杉元の元に、アシリパが駆けつける。
アシリパは態勢を立て直そうとしている杉元の盾になるように立っていた。

二階堂は我を忘れて杉元を再び銃で撃とうとしていた。
しかし月島軍曹が、アシリパに弾が当たることを恐れて制止するのだった。



スポンサードリンク



鯉登少尉は杉元の銃の銃身を持って銃弾をかわし、サーベルで襲い掛かる。

鯉登少尉と揉み合いになっている杉元に対して、二階堂は悲鳴に近い叫びを上げる。

二階堂を落ち着かせようとする月島軍曹。

その時、菊田特務曹長は、樽の上の死角から杉元を狙っていた。
しかし発砲直前、牛山が樽を押しバランスを崩すのだった。

衝撃を受けた樽から大量のビールが流れだす。

杉元と鯉登少尉はビールを顔面に浴び、大量に飲んでしまうのだった。



スポンサードリンク



完全に泥酔し、ふらつく杉元に二階堂が襲い掛かる。
しかしひらりと身をかわす杉元。

床に流れるビールに足を取られ、杉元、二階堂、月島軍曹は転んでしまう。

「うい~!!」
鯉登少尉は完全に酔い潰れていた。

アシリパは、ビールに流されていった杉元を探していた。

そのアシリパを、菊田特務曹長はひょいと担ぎ上げてビール工場を出る。
しかし菊田特務曹長はアシリパに矢毒が盛られた矢尻を鼻に突っ込まれ、人間なら即死すると脅されて足を止めるのだった。



スポンサードリンク



菊田特務曹長は両手を上げて、アシリパに、七人のアイヌがどうして殺されたのかを知りたくないかと訊ねる。

アシリパが興味を示したので、菊田特務曹長は、事件当時現場を調査し、遺体と遺品を回収したのは自分たちと答えるのだった。

物見の塔からアシリパと菊田特務曹長が向かい合って立る光景を見ていた尾形は、宇佐美上等兵がアシリパを発見して接近していることに気付く。

鶴見中尉と話すといい、と菊田特務曹長の説得は続く。
父親に何が起きたのか知ることは、金塊の在り処より知りたいことではないか、と言われ、アシリパは反論できない。

菊田特務曹長、さらに宇佐美上等兵が近づいていることから、もはやアシリパが鶴見中尉の手に渡ることは確実だと判断した尾形は、アシリパに照準を合わせる。

その時、尾形の右側に勇作の霊が出現する。
思わず仰け反るのと同時に、全く予期しない方向から飛んできた弾が尾形の銃に弾が当たる。
銃に当たった場所は、1秒前まで尾形の頭があった位置だった。

尾形は弾が飛んできた方向に視線をやる。

ヴァシリは初撃を外してしまい、次の攻撃をすぐには継続出来ずにいた。

尾形が呟く。
「手練れの狙撃手だ…」

第252話の感想記事です。

ゴールデンカムイ最新第252話 貯酒室ネタバレ含む感想と考察。ビール工場内での戦い。
第252話 貯酒室前話第251話 札幌ビール工場あらすじ杉元チームは花火の上がった牛山たちの持ち場へ急ぐ。牛山は宇佐美上等兵の襟を掴んでいた。宇佐美が銃を撃とうとするが、牛山は銃身を持ち自分に向かないようにしてかわす。そこに鯉登、月島、菊田、二階堂がやっ...



スポンサードリンク



第253話

※ヤングジャンプ発売後に更新します。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280