ゴールデンカムイ最新第284話ネタバレ含む感想と考察。地面から見つかったものとは?

スポンサーリンク

第284話 私たちのカムイ

第283話の感想記事です。

ゴールデンカムイ最新第283話神の刺青ネタバレ含む感想と考察。ついに明かされる土...
第283話 神の刺青第282話の感想記事です。 スポンサードリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); 第283話 神の刺青五稜郭の機能土方は五稜郭が星の形をしているのは戦うためだと説明する。星の先端は稜堡としての機能を持っており、室町の...

第284話 私たちのカムイ

見つかったもの

函館戦争当時、五稜郭の城郭は不完全で、特に小規模な要塞である堡塁(ほうるい)の数が足りていなかった。

土方は堡塁がパルチザンたちによって構築されていく様子を見つめながら、もし堡塁が必要な分だけ揃っていたなら、函館戦争の情勢は変わっていたかもしれないと考えていた。

杉元たちは土方の心臓部分の「神」の刺青が示している部分を掘っていた。

いくら掘っても石が出るので、「神」に何か意味があるのか疑い始める白石。

杉元は「神」の読み方である「シン」「ジン」と同じ読み方をする感じが刺青人皮に彫られた漢字の中にないことが気になっていた。

午前3時30分、アシリパが石以外の何かを掘り当てる。
出て来たの一個の木箱だった。

土方たちも箱の周囲に集まり、いよいよ箱の蓋を開ける白石。



スポンサードリンク



「チエトイ…」
アシリパが呟く。
箱の中には珪藻土を砕いた粘土がぎっしりと詰められていた。
珪藻土を掘っていくと、中から動物の胃袋が出て来る。
粘土と胃袋は、防水を第一に考えられたラインナップだった

紙状になっていた胃袋に包まれていたのは冊子、土地の権利書だった。

ロシアから軍艦が買えなくなった頃、函館で勃興した蝦夷共和国の政府は資金調達に苦しんでいた。
それに目を付けたアイヌが蝦夷共和国の榎本武揚から、北海道の開墾が進んでいない広大な土地の権利を金塊で購入する契約をしていたことがその冊子には記載されていた。

それを知らないわけがないよな、と土方に視線を走らせる杉元。

土方は、知らなかったと即答する。
権利書に書かれていた契約の日付から、土方はその頃自分は二股口で戦っており、榎本は五稜郭にいた。その後も官軍による総攻撃があったのでそれどころではなかったと続ける。



スポンサードリンク



土地契約

金塊を蝦夷共和国に支払う直前に、蝦夷共和国は無くなっていた。
しかし榎本は明治政府にアイヌとの契約を引き継ぐように動いていた。
資金を求めていた明治政府もそれを承諾する。
榎本は明治政府に、金塊を受け取ったあと土地の契約をなかったことにさせないよう、英仏普蘭伊米の各国の大使を引き継ぎ契約の場に立ち会わせていたのだった。

権利書には『土地の用途は権利者に委ねられる』とあり、政府には都合が悪かった。

蝦夷共和国が結んだ契約を明治政府が引き継ぐ義務などあるのか、という杉元の疑問に、永倉はガルトネル事件という前例があると答える。

それは貿易商人のガルトネルが蝦夷共和国と函館近郊の広大な土地を90年借地契約を結んだが、植民地化を恐れた明治政府が契約破棄を交渉し、莫大な違約金を支払うことになった外交事件だった。

永倉は、蝦夷共和国の資産を受け継ぐのであれば、同時に負債も引き受ける必要があるのは国際常識だと解説する。
「国が結んだ条約の一方的な破棄は他国からの信用を落とす行為だからな」



スポンサードリンク



じゃあ金塊は全て政府に支払っていたのか、と脂汗を流しながら訪ねる白石。

かつて、この土地の権利書を見つけていたウイルクは、すばらしい、とこの契約の存在を絶賛していた。
「アイヌとして生きる娘にこれ以上無いものを託せる」

アシリパは、金塊の使い道は森のある土地を買い占めることが、戦うことなしにアイヌを守る方法だと呟く。
「森を守ればカムイを残せる 私たちの文化はカムイがあってのものだから」
アシリパは晴れ晴れとした表情を浮かべる。
「ようやく見えてきていたアイヌのために私がやるべきこと それはすでに昔のアイヌたちによって成し遂げられていた」

「災厄をもたらすと言われた黄金のカムイは、私たちが本当に必要とするカムイに置きかわっていたんだ!!」

一斉にズッコケる杉元たち、



スポンサードリンク



到着

杉元は、なぜウイルクはこの権利書を持ち帰らず、わざわざこに埋めたのかと疑問を呟く。

権利書が狙われていたのかもしれないとアシリパ。

アシリパは、キロランケか? という杉元に、キロランケニシパが使ったところで使い道は無いと答える。

鶴見中尉たちが函館に到着するまで2時間程度と迫っていた。

即撤退の方針を決めて、慌ただしく指示を出していく。

金塊が失われていたことを知った白石は、すっかり憔悴していた。

ちょっと待て、と土方。
「半分しか使われていない」



スポンサードリンク



一瞬止まる杉元たち。

「土地の購入に一万貫しか使われていない」

土方からの言葉に白石は目をぎらつかせる。
「一万貫の金塊はまだ残ってるってこと?」

ドォン

五稜郭が砲撃を受ける。

「おはようございます!!」
攻撃は、すでに到着していた鶴見中尉によるものだった。



スポンサードリンク



感想

金塊の使い道

刺青が示す場所に埋まっていたのは珪藻土と動物の胃袋で厳重に防水処理された冊子、土地の権利書……!

金塊はアイヌたちによる北海道の広大な土地の購入によって失われていた。

アイヌの命とも言える森は、ウイルクたちによって救われていたのだった。
めでたしめでたし。

キレイにまとまったな~、いい話だった、と思ったけど、土地の購入に使われていたのは金塊2万貫の内1万貫、つまり残り半分である1万貫がまだ使われていない可能性が出てきた。

この残り1万貫を巡って、まだまだ金塊争奪戦は継続となるようだ。



スポンサードリンク



1万貫分の金塊であっても、何か大事を成し遂げるには有効な資金量となる。

鶴見中尉が金塊の半分が土地購入で既に政府に支払い済だと知ったところで残りの金塊奪取を止める理由にはならない。
自らの野望成就のために金塊を求める方針には何ら変わりはない。

残りの金塊はもちろん、土地の権利書も手に入れようとするだろう。

ラストの鶴見中尉のテンションの高さが面白過ぎるのと同時に怖すぎる。

土方曰く、堡塁を実装した五稜郭の守備力であれば函館戦争の趨勢は変わっていたかもしれないという。

しかしこの鶴見中尉なら、そんな高い守備力を持つ要塞をあっという間に攻略しそうなんだよなー。鶴見中尉のような切れ者が、真正面から衝突して跳ね返されるような無様な戦いをすることはまずないだろう。

どのような策で五稜郭を攻略し、杉元たちを苦しめるのか期待してしまう。



スポンサードリンク



ウイルクたちは金塊の半分とされる1万貫で広大な土地をアイヌに残した。
しかし土地の権利を持っているだけでは土地もアイヌ文化も継続的に守っていくことができないから、残りの1万貫でそこをカバーしようとしていたのではないだろうか。

残りの1万貫も土地の購入書のような何かに形を変えている可能性はある。
たとえば武器とかかな……。土地を守っていくには武力が必要だと考えたかもしれない。

ただ、やはり使い勝手が良く、いざという時に頼れるのは金塊、あるいは貨幣だと思う。
武器が購入されていたとしても、金塊の一部は金塊や貨幣で残されているのではないか。

行方がわからない1万貫がどういう形で残されているのか、そもそもどこにあるのか。
今から楽しみだ。



スポンサードリンク



歴史を学ぶきっかけ

ガルトネル事件という外交事件があったことを全然知らなかった。
中高の日本史の授業では学んで記憶はない。教科書に記載があったかどうかも覚えてないな……。
でも今回の話で興味を持った。この漫画は日本の歴史を学ぶきっかけになる。

興味が湧いたので、ガルトネル事件のウィキペディアの中にあった本を注文してしまった。
連載再開となる7月29日までに読んでおきたいと思う。

商人に対して日本国政府が莫大な違約金を支払う破目になる。
改めて、契約という行為の重みを感じた。
確かに国が一度結んだ契約を勝手に破棄したら信用をなくす。それは個人であっても同じだけど、国が信用をなくすとなると外交面全般はもちろん、その国に属する国民一人一人までもが国際社会で非常に不利を被るであろうことは容易に想像できる。
だから、日本はそれなりの代償を払うことで、土地を買い戻したわけだ。

今、外国人に土地を買われまくっているんだけど、国や各県の行政はこういった事件に何も学んでいないということなのかな……。



スポンサードリンク



鶴見中尉を迎え撃つ杉元たち。

土方がその有用性を認めた堡塁が鶴見中尉の指揮する第七師団の猛攻をどのくらい防ぐことができるのか。

いよいよ次から戦争が始まるのか……。

とはいえ、次の話は1か月後。それまでの間に原作を読み直してこれまでの振り返りと今後の展開を考えたいと思う。

以上、ゴールデンカムイ第285話のネタバレを含む感想と考察でした。

ゴールデンカムイ最新第285話ネタバレ含む感想と考察。
第285話※第284話のみ。第285話はヤングジャンプ発売後に更新予定です。前話第284話あらすじ土方は函館戦争当時、五稜郭の城郭が完全で、小規模要塞の堡塁の数が十分にあったら、函館戦争の流れは変わっていたと呟く。杉元たちは刺青が示している部分を掘り進めていた...

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280