ゴールデンカムイ最新第285話ネタバレ含む感想と考察。

スポンサーリンク

第285話
※第284話のみ。第285話はヤングジャンプ発売後に更新予定です。

前話第284話あらすじ

土方は函館戦争当時、五稜郭の城郭が完全で、小規模要塞の堡塁の数が十分にあったら、函館戦争の流れは変わっていたと呟く。

杉元たちは刺青が示している部分を掘り進めていた。

午前3時30分、アシリパは気の箱を掘り当てる。

土方たちも箱の周囲に集まると、白石が箱の蓋を開ける。

箱の中には珪藻土を砕いた粘土がぎっしりと詰められており、その粘土には乾燥させた動物の胃袋がある。

それに包まれていたのは一冊の冊子だった。
それは土地の権利書だった。



スポンサードリンク



かつて、この土地の権利書を見つけていたウイルクは、すばらしい、と契約の存在をほめたたえていた。
「アイヌとして生きる娘にこれ以上無いものを託せる」

アシリパもまた、アイヌを救うには、金塊をアイヌの森がある土地を買い占めることだと思い至っていた。
ちょっと待て、と土方。
「半分しか使われていない」

白石は目をぎらつかせる。
「一万貫の金塊はまだ残ってるってこと?」

その時突然、五稜郭が砲撃を受ける。

「おはようございます!!」
攻撃は、すでに到着していた鶴見中尉によるものだった。

第284話の感想記事です。

ゴールデンカムイ最新第284話ネタバレ含む感想と考察。地面から見つかったものとは?
第284話 私たちのカムイ第283話の感想記事です。第284話 私たちのカムイ見つかったもの函館戦争当時、五稜郭の城郭は不完全で、特に小規模な要塞である堡塁(ほうるい)の数が足りていなかった。土方は堡塁がパルチザンたちによって構築されていく様子を見つめながら...



スポンサードリンク



第285話

※ヤングジャンプ発売後に更新します。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280