ゴールデンカムイ最新第261話ネタバレ含む感想と考察。

スポンサーリンク

第261話
※第260話のみ。第261話はヤングジャンプ発売後に更新予定です。

前話第260話 あらすじ

海賊房太郎にビールに引きずり込まれた鯉登少尉。

駆け付けた月島軍曹は鯉登少尉の行方をアシリパに訊ねる。

逃げようとするアシリパを捕まえるが、鯉登少尉の安否が気になる月島軍曹は、すぐに鶴見中尉の元へ戻れずにいた。

近くのビールからゴボゴボというあぶくが生じていることに気付いた月島軍曹は、そこにいるのか、と鯉登少尉を呼ぶ。

引きずり込まれたとだけ呟くアシリパ。

月島軍曹は鯉登少尉を救助に向かいたいが、アシリパを確保する方が重要だと自らに言い聞かせていた。



スポンサードリンク



鯉登少尉は海賊に髪で首を絞められながられ、ビールの中に仰向けで沈んでいた。

必死に抵抗する鯉登少尉だったが、意識を失いかける。

その瞬間、月島軍曹が海賊の顔を踏みつけるのだった。

水面から顔を出す鯉登少尉。

月島軍曹が海賊に向けては放った銃弾は海賊の右脇腹に当たる。

海賊は水中で体を翻し、鯉登少尉と月島軍曹から逃げるのだった。



スポンサードリンク



アシリパは既に鯉登少尉たちから逃げていた。

アシリパそっちのけで助けに来たのかと憤る鯉登少尉。
「どちらを優先するべきか間違えるな!!」

逃げていたアシリパを発見したのは二階堂だった。
二階堂はアシリパを確保し、鶴見中尉の元に戻る。

そこにやってきた鯉登少尉と月島軍曹。

月島軍曹が報告しようとするのと同時に、鯉登少尉が流暢に報告を開始する。

「……よくわかった 鯉登少尉」

しまった、という表情で固まる鯉登少尉。

鶴見中尉は刺青の暗号はもう十分なので、あとはアシリパを死守しつつここから撤収すると部下たちに指示するのだった。

建物内を歩く海賊を発見した杉元は、怒りの形相で銃剣を構えて海賊に突進していく。
「アシリパさんを返せ!!」



スポンサードリンク



土方たちは建物の外で白石たちを待っていた。

門倉の安否を不安そうに訊ねるキラウシ。

門倉は煙でいっぱいになった建物の中で自分の命の終わりを悟っていた。

門倉のいる建物が破壊され、門倉が寝転がっていた床も壊れていく。
しかし門倉は壊れた外階段を転がり、フックのようになった部分に服の襟が引っかかったまま安全に地面に降りていく。

干してあった布団に身体が当たり、外階段のフック状の部分が門倉の身体の上に掛布団をかけていく。

枕元にビール瓶が落ちる。
門倉はまるで晩酌して布団で気持ちよく寝ているだけの状態になっていた。

第260話の感想記事です。

ゴールデンカムイ最新第259話故郷を作るネタバレ含む感想と考察。海賊房太郎が国を...
第259話 故郷を作る前話第258話 あらすじ土方は都丹、夏太郎と共に、オルトログの死体を台車に載せて運んでいる牛山と現場から逃げていた。後ろから付いてくる白石から、杉元たちを見失ったと聞いた牛山は、杉元を目撃した建物を教える。その建物からは煙が出ていた...



スポンサードリンク



第261話

※ヤングジャンプ発売後に更新します。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280