ゴールデンカムイ最新第260話死守ネタバレ含む感想と考察。最終的にアシリパを確保したのは……。

スポンサーリンク

第260話 死守

前話第259話 あらすじ

かつて海賊房太郎は上エ地に叔母が外で待っているという嘘をつかれ、怒りのあまり半殺しにした罰で懲罰房に入れられたことがあった。

懲罰房から帰って来た海賊房太郎は、白石に外で待っている人がいるかどうか訊ねる。

「いねぇよ 俺は寺に捨てられていたんだ」

その答えに、なら少しは自分の気持ちもわかるだろう、と海賊。



スポンサードリンク



海賊は自分が王様になりたいその理由を話し始める。

海賊には14人ほど家族がいた。しかし全てが、疱瘡で死を遂げていた。

その経験を機に海賊は、多くの家族が欲しいと白石に自分の心の内を明かす。

それを聞いて、すごい寂しがりだと白石。

「自分の国を作るってのはさ 家族を作るってことだ 誰も俺と俺の家族を疎まない『帰って来れられる場所』だ」

海賊はアシリパを脇に抱えて杉元たちから逃げようとしていた。

煙で意識が朦朧としているアシリパは、それでもドアノブに手をかけて、海賊を必死に建物に留めようとする。

そんなアシリパに海賊は、金塊など忘れて故郷で杉元と家族になれと諭すのだった。



スポンサードリンク



一方、杉元は煙の充満する工場内で身動きがとれずにいた。

そんな杉元を救いに来たのは白石だった。

海賊は背後に気配を感じ振り返る。
そこには鯉登少尉が刀を構えて立っている。
「誰だ貴様は その子はアシリパだな?」

即座に動く海賊。鯉登少尉の顔を殴りつける。
さらに腰の銃を抜いて鯉登少尉に向けようとする海賊。

しかし同時に月島軍曹が海賊に銃を向ける。



スポンサードリンク



海賊はアシリパを連れて建物の奥へ奥へと逃げていた。

「金塊が奪われたら私達はどうやって故郷を守ればいい?」

アシリパの訴えに僅かに動揺する海賊。

その隙を突いて、鯉登少尉は海賊の左肩に刃を入れる。
次の一撃を続けざまに加えようとするが、海賊は床一面に広がったビールの中を潜水し逃げるのだった。

「アシリパを確保したぞ月島!」
しかし月島軍曹が到着すると、そこにいたのはアシリパのみ。

鯉登少尉はサーベルを遺して、海賊にさらわれていた。

第259話の感想記事です。

ゴールデンカムイ最新第259話故郷を作るネタバレ含む感想と考察。海賊房太郎が国を...
第259話 故郷を作る前話第258話 あらすじ土方は都丹、夏太郎と共に、オルトログの死体を台車に載せて運んでいる牛山と現場から逃げていた。後ろから付いてくる白石から、杉元たちを見失ったと聞いた牛山は、杉元を目撃した建物を教える。その建物からは煙が出ていた...



スポンサードリンク



第260話 死守

逃がす

月島軍曹を呼んだ直後、鯉登少尉はビールに引きずり込まれていた。

一足遅れて駆け付けた月島軍曹だったが、そこにいたのはアシリパのみで鯉登少尉がいない。

鯉登少尉の行方をアシリパに尋ねる月島軍曹。しかしアシリパはまだ煙による影響に苦しみながらもその場から立ち去ろうとしていた。

アシリパを捕まえる月島軍曹。
しかしすぐに仲間たちの元へは戻らない。

近くのビールの海からゴボゴボというあぶくが生じている。

そこにいるのか、と鯉登少尉を呼ぶ月島軍曹に、アシリパが答える。
「引きずり…込まれた…」

救いに向かうか迷う月島軍曹。しかし今確保しているアシリパの方が重要だと自らに言い聞かせる。



スポンサードリンク



鯉登少尉は海賊の髪をロープの要領で首に巻き付けられ、二人でビールの中に仰向けで沈んでいた。

首の髪を外そうと必死の鯉登少尉だったが、首を絞める海賊の手はビクともしない。

鯉登少尉が意識を失いかけた時、助けにやって来た月島軍曹が海賊の顔を踏みつける。
「鯉登少尉殿ッ」
銃を構える。

月島の名を呼びながら水面から顔を出す鯉登少尉。

月島軍曹の放った銃弾は水中の海賊の右脇腹を貫通する。

続けて撃とうとするが、海賊は水中を高速移動して鯉登少尉と月島軍曹から逃げるのだった。



スポンサードリンク



銃を構えたまま海賊を警戒する月島軍曹に、鯉登少尉が訊ねる。
「アシリパはどうした!?」

アシリパは既に二人がいるところから逃げていた。

「月島ァ」
状況を察した鯉登少尉は月島軍曹の襟を絞り上げて詰め寄る。
「まさか貴様! アシリパそっちのけで助けに来たのかッ」

目を伏せて、すみません、と謝る月島軍曹。

「馬鹿すったれ!!」
鯉登少尉は薩摩弁で月島軍曹を一喝する。
「どちらを優先するべきか間違えるな!!」



スポンサードリンク



確保

逃げていたアシリパを発見したのは二階堂だった。

アシリパはマキリを振るって二階堂を撃退しようとするが、二階堂は義手の右手の人差し指と薬指の間で防ぐ。
その瞬間、中指が逆側に折れて中から飛び出した箸がアシリパの額に当たる。

「おはし役に立った!」
二階堂はアシリパを確保し、外で待機していた鶴見中尉の元に戻るのだった。

「よくやったぞ二階堂」

中尉殿は死んだと言っていた杉元が生きていた、と文句を言う二階堂に、でもよかったじゃないかと返す鶴見中尉。

遅れて鯉登少尉と月島軍曹がやってくる。



スポンサードリンク



月島軍曹が報告しようとするが、すでに鯉登少尉が報告を始めていた。
「地下に入れ墨の脱獄囚がいましたが逃げられました 杉元や牛山もいましたので土方たちもこのビール工場の……」
すらすらと理路整然とした報告を行う鯉登少尉だったが、はっとした表情になって報告を止める。
「………どこかに」

「……よくわかった 鯉登少尉」

しまった、という表情で固まる鯉登少尉を、隣の月島軍曹は鋭い目で睨みつけるようにして見ていた。

鶴見中尉は刺青の暗号は宇佐美上等兵が持ってきたもので十分なので、以降は戦闘で無駄に兵を減らさず、アシリパを死守しながら撤収すると兵たちに指示するのだった。

「くそ…」
ビールから上がった海賊は、建物内を歩いていた。
「なんとか取り返さないと」

海賊は怒りの形相で銃剣を構えた杉元が突進してくることに気付く。
「アシリパさんを返せ!!」



スポンサードリンク



カドクラスイッチ

建物の外で白石たちを待っていた土方たち。

もう少し待ってこなければ私が行く、と土方。

「門倉は? 誰も見てないのか?」
不安そうに訊ねるキラウシ。

(土方さん)
門倉は煙でいっぱいになった建物の床で仰向けになっていた。
(最後までお供できず申し訳ございません)

炎は建物全体を覆い、いよいよ崩壊が始まる。

「門倉ぁ!」



スポンサードリンク



悲痛な声で門倉を呼ぶキラウシ。

煙突状の物体が倒れ、門倉のいる建物が破壊されていく。

門倉が寝転がっていた床も崩壊を始めるが、門倉は絶妙な軌道を描いて壊れた外階段を転がり、フック状になった部分に服の襟が引っかかったままゆっくりと地面に降りていくのだった。

干してあった布団に身体をそっとキャッチされ、外階段のフックのようになった部分が掛布団をかける。

何事もなかったように外で布団で寝た状態になる門倉。
その枕元にビール瓶が落ちる。

「う~ん むにゃむにゃ うまいッ もう一杯」



スポンサードリンク



感想

鶴見中尉が理解したのは……

「……よくわかった鯉登少尉」
そう言った鶴見中尉が理解したのは鯉登少尉が報告した内容だけではない。

かつて自分に対して心酔していた頃の鯉登少尉であれば、理路整然とした報告など決してできず、月島軍曹にコミュニケーションを代行してもらわなければならなかった。

しかし今回の鯉登少尉はあまりにも的確に、スムーズに報告できてしまった。

それは鶴見中尉への忠誠心が、明らかに以前のような心酔状態ではなくなったことを意味する。

おそらく鶴見中尉にとっては全く初めてのことだったはずだ。
鶴見中尉の「よくわかった」は鯉登少尉の心の変化までも含めてのことだろう。



スポンサードリンク



その後の鯉登少尉の「しまった」という表情から、完全にやらかしたことがわかる。
鯉登少尉自身は全く意識できていなかった。
月島軍曹の鯉登少尉に向けられた視線が怖い。

それに対してアシリパを確保することなく自分を救いに来た月島軍曹には薩摩弁で叱りつけるんだよなぁ……。

鯉登少尉は鶴見中尉に心酔することを止めた。
しかしその代わりというわけではないが、月島軍曹を以前よりもさらに強く信頼するようになったということなのかなと思った。方言は自分の素が出ているということだろう。

月島軍曹がアシリパを確保せずに鯉登少尉を助けに行くというのも心の変化だ。

鶴見中尉の命令よりも、上官であり戦友の鯉登少尉の命を優先した。
以前の月島軍曹なら、鶴見中尉の命令を守って鯉登少尉の安否よりもアシリパの確保を優先させただろう。



スポンサードリンク



要するに今回の二人の行動は、どちらも二人がこれまで一緒に行動してきたことによる信頼の強まりと、鶴見中尉への忠誠心が薄れたことによって起きたと言えるのではないだろうか。

月島軍曹はともかく、少なくとも鯉登少尉の心根の変化は鶴見中尉に確実にバレた。

それにより今後どうなるのか。

ただ、鶴見中尉はこのことをそこまで意外だとまでは感じていないのではないだろうか。
以前鯉登少尉が杉元に刺されて倒れた時、鶴見中尉は彼を助けることなく冷たい視線で一瞥して杉元とアシリパを追う事を優先した。

それにより、鯉登少尉の自分へ忠誠心がいくらか弱まる可能性があることは想定の範囲内だっただろう。

今回の「よくわかった」はそれが確認できたという意味なのかなと思う。

今後の鶴見中尉の鯉登少尉への対応がどうなるか。



スポンサードリンク



門倉(笑)

ここで退場かと思ったら何そのピタゴラスイッチ。

ここからどうなれば助かるのかな……? と思いながら読んでいたけど、完全にギャグだった。

枕元にストォーンと落ちてきたビール瓶といい、きっちりサッポロビールの宣伝入れてきて笑った。

ビール瓶を枕元に置いて布団で寝るとか、晩酌後かよ。
寝顔も寝言も幸せ過ぎるだろ。

とりあえず門倉はちょっとやそっとでは死にそうもないようだ。

刺青を背負う最後の一人である彼の重要性は、今後の物語にも深く関わってくるのは間違いない。



スポンサードリンク



またもや連れ去られた

アシリパさんを守り切れなかったことで、杉元に自己嫌悪に浸っている暇はなかった。

まだ近くにいると信じて、必死に走る杉元の姿に生命力を感じる。
諦めないんだよなぁ。カッコいい。

アシリパは既に第七師団の手の内にある以上、目の前の海賊と戦うことは無意味だ。

怒りに身を任せて戦いになだれこむのか。それとも海賊から「第七師団にさらわれた」と聞いて、すぐに第七師団を追えるのか。

仮に海賊と戦わずに追いかけることができたとしても、鶴見中尉が部下たちにアシリパを死守すると命じた以上、第七師団の守りは堅い。

隙を突いて助け出すというのは難しいだろうな。



スポンサードリンク



杉元VS海賊

このまま戦うとしたら、今度は完全決着になりそうだ。

杉元は呼吸器官が回復したのに加えてアシリパさんが連れ去られたことに対する怒りで戦闘力を底上げされた状態と言える。

海賊には退場して欲しくないが、杉元の戦闘力の充実っぷりを見ていると海賊がこの局面を乗り切るのは難しい気がする……。

次号は、二人の戦いがどんな顛末を迎えるのかを見届けることになりそうだ。怖いけど楽しみ。

以上、ゴールデンカムイ第260話のネタバレを含む感想と考察でした。

第261話に続きます。

ゴールデンカムイ最新第261話ネタバレ含む感想と考察。
第261話※第260話のみ。第261話はヤングジャンプ発売後に更新予定です。前話第260話 あらすじ海賊房太郎にビールに引きずり込まれた鯉登少尉。駆け付けた月島軍曹は鯉登少尉の行方をアシリパに訊ねる。逃げようとするアシリパを捕まえるが、鯉登少尉の安否が気になる...

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280