ゴールデンカムイ最新第257話ネタバレ含む感想と考察。

スポンサーリンク

第257話
※第256話のみ。第257話はヤングジャンプ発売後に更新予定です。

前話第256話 あらすじ

腹部を撃たれ、階段を転げ落ちる宇佐美上等兵。

宇佐美上等兵は尾形に反撃することなく、鶴見中尉に報告すべくその場から逃げ出していた。

杉元がオルトログを窓から蹴り落とした音に反応した尾形は、馬に乗って逃げる宇佐美上等兵を発見する。
窓から宇佐美を狙うが、宇佐美は建物の陰に入ってしまう。

しかし尾形はターゲットが死角に入ったにも関わらず、構えを解かない。

尾形は杉元が割った窓の先を見通していた。

その先にある窓に向けて発砲する尾形。



スポンサードリンク



銃弾は杉元のいる部屋を通り、窓から抜け、正確に宇佐美上等兵の胸を貫く。

馬上から崩れ落ちていく宇佐美上等兵を抱き留めたのは鶴見中尉だった。

宇佐美を仕留めた手応えを感じた尾形は、ありがとよ、と宇佐美上等兵に向けて礼を言う。
「お前の死が狙撃手の俺を完成させた」

宇佐美上等兵は薄れゆく意識の中、門倉から奪った刺青人皮を鶴見中尉に手渡す。

そんな宇佐美上等兵を褒める鶴見中尉。



スポンサードリンク



宇佐美上等兵は血塗れの手を鶴見中尉の顔に伸ばしていく。
指を口に含んだ鶴見中尉は、ブツッと噛み切るのだった。
「これで私達は一緒らすけ 時重くんは私の中で一番の友として生き続けんだれ」

鶴見の言葉を受け、安らかに目を閉じる宇佐美。
「嬉しくて…いっちゃいますがね 篤…四郎さん…」

その頃、上エ地は消火を行っていた作業員の梯子を奪い、円柱状の建物の上に立っていた。
「さァ 寄ってらしゃい見てらっしゃい 皆さまご注目~!!」

第256話の感想記事です。

ゴールデンカムイ最新第256話篤四郎さんの一番ネタバレ含む感想と考察。宇佐美上等...
第256話 篤四郎さんの一番前話第255話 あらすじビール工場の火災を受け、たちまち野次馬が集まる。その中で、上エ地は一人、テンションを上げていた。官憲が蒸気ポンプでの放水による消火活動を行う中、上エ地は工場周辺に土方や海賊たちがいることに気付き、はしゃ...



スポンサードリンク



第257話

※ヤングジャンプ発売後に更新します。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280