ゴールデンカムイ最新第187話罪穢れネタバレ含む感想と考察。186話あらすじ。

スポンサーリンク

187話 罪穢れ

目次

前話第186話 忘れ物のあらすじ

立ち往生

「追っ手か?」
銃を構えた尾形の様子を目にしてアシリパが訊ねる。

尾形はその質問に答えることなく、杉元の姿を探していた。
しかし強くなり始めた雪と風により視界が悪化して見つけ出すことができない。

一方、杉元はこの状況が尾形に肉薄する千載一遇のチャンスだと理解していた。
リュウを先頭に、流氷の上を小走りに急ぐ。

足を踏み出した流氷が割れていく。

白石、リュウとともに割れた流氷の上に立ち往生する杉元。

流氷は流されていくばかりで焦った杉元は白石に裸で飛び込んで氷を押すように命令する。

お前がやれ! とキレ気味に返す白石。



スポンサードリンク



キロランケはソフィアに銃声を調べて来るのでここでアシリパたちを待っててくれ、と言い残し、銃を片手に銃声の聞こえた方向へと歩き出す。

ソフィアの呼ぶ声に気付いたアシリパは、尾形にキロランケたちのもとに戻るよう促していた。

「網走監獄で杉元とのっぺら坊が撃たれたときキロランケがどこかに合図していた」
視線をアシリパに向けて、唐突に告白する尾形。

そしてアシリパの腕を掴む。
「来いアシリパ」

その頃、亜港監獄からの脱獄囚に襲われた谷垣は、敵の撃った銃弾を防いだ氷塊で敵の足に思いっきり潰していた。
さらに、悲鳴を上げた脱獄囚の顎を氷塊で殴り上げる。



スポンサードリンク




同じく脱獄囚と対峙していた鯉登少尉も、すさまじい気迫と共にサーベルを脱獄囚の頭上に向けて何度も振り下ろしていた。
脳を露出させ、即座に息絶える脱獄囚。

「谷垣一等卒ッ」

鯉登少尉の呼びかけに、こっちも片付いた、と谷垣が答える。

そして鯉登少尉は月島軍曹の姿が無いことに気づく。

鯉登少尉が月島軍曹の名を呼びながら、元来た方向へと歩いていくのを谷垣は見送っていた。



スポンサードリンク



尾形の説得再び

アシリパは尾形に強引に腕を引かれて、ソフィアたちから離れていっていた。

先程の尾形の告白の内容に困惑を隠せないアシリパ。
「キロランケニシパが…合図? どうして? 何のために?」

尾形は背後をチラチラと確認しつつ、本来自分が狙撃したにも関わらず、キロランケが他の誰かに向けて合図をして誰かに狙撃させたのだと答える。

そして続けてその理由を、ウイルクと金塊の用途で揉めていたんだろう、と適当にでっちあげるのだった。

「何でそれを…今まで私に黙ってた?」
さらに困惑するアシリパ。



スポンサードリンク





「お前がさっき暗号を解く鍵を思い出したからだ」
尾形は即答する。
そして、それにはキロランケの協力が必要だと考えたから黙って様子を見ていたのだと理由づける。
さらに尾形は、金塊が手に入れば何でも良いが、これ以上キロランケと組むのは危険であり、暗号を解く方法を聞き出したあとアシリパも尾形自身や白石も消される可能性がある、とアシリパに畳みかけていく。

「キロランケニシパが?」
信じられないという様子のアシリパ。

一方、鯉登少尉は月島軍曹の姿を見つけていた。

そしてスヴェトラーナの姿に、一緒にいる女性が誰なのかと問いかける。

燈台の夫婦の娘だと答える月島軍曹。

「なんの話だ!? そんな女は放っておけ!!」
語気を強める鯉登少尉。



スポンサードリンク



鬼気迫る

鯉戸少尉が月島軍曹を迎えにいったあと、一人残された谷垣は脱獄囚に奪われ、一発撃たれた銃を拾い上げて排莢を行っていた。

そしてふと後ろに人の気配を感じて振り返る。

そこにはキロランケの姿があった。

谷垣はキロランケに駆け寄り、その両足を諸手刈りの要領で抱え込む。
そして背後の氷塊の壁ごとキロランケを押し倒していく。

流氷に背中を打ち付け、仰向けになったキロランケの上に乗り、谷垣は一気に頂点に達していた怒りに身を任せ、キロランケの左頬に拳を打ち下ろしてから続けざまに自身の銃で再び顔を殴りつける。


スポンサードリンク




キロランケは両手で持った氷塊で谷垣の顔を殴りつける。
キロランケもまた鬼の様な形相で谷垣に向かって行くのだった。

「アシリパ教えてくれッ 何を思い出したんだ!?」
尾形は追っ手である杉元を気にして、忙しなく何度も背後を振り返っていた。

アシリパは表情を強張らせたまま黙っている。

(早く聞き出さないと……奴に追いつかれる)



スポンサードリンク



死闘の結果

キロランケの反撃を受け、仰向けに倒れた谷垣の顔に、キロランケは両手で持っていた氷塊を落として直撃させる。
そして止めを刺そうと自身の腰のマキリに手をかける。

手痛い一撃を食らい、朦朧とした様子の谷垣。
その脳裏にインカラマッの顔が浮かぶ。

キロランケの先ほどまでの鬼気迫る表情は、嘘のようにおとなしくなっていた。
腹を押さえ、その手についた血を確認するとゆっくりと立ち上がる。

キロランケの腹部には、彼がインカラマッに重傷を負わせた凶器であるマキリが深々と突き刺さっていた。

谷垣は流氷の上に仰向けになったままキロランケに声をかける。
「網走監獄での『忘れ物』だ 返しに来たぞ」


スポンサードリンク



第186話 忘れ物の振り返り感想

キロランケ……

キロランケファンの悲鳴が聞こえてくるようだ。

これは……。キロランケが物語から退場してしまうのかな?

あの占いの結果は、てっきり尾形に降りかかるものかとばかり勝手に思いこんでいた。もしくはソフィアか。

でも、まさかのキロランケだった?

付近に医療施設も無いし、たとえすぐに治療を受けても命が危なそうな傷だから多分ここで退場なんじゃないかな……。

悲しすぎる。


スポンサードリンク




キロランケだけが好きだからというわけではなく、一緒に旅を続けてきた仲間がこういう形で争い、非業の結末を辿ろうとしているのが悲しいんだ。

杉元が尾形に追いついたら、やはりこんな感じで死闘が始まるということか……。
見所だけど、でもこれまで読んできて愛着のあるメインキャラが退場するかもしれないと思うと怖いなぁ。

考えてみればキロランケ可哀想だよなぁ。
キロランケの狙い通り、アシリパの記憶を呼び起こすことに成功した矢先にこれ。
さらにキロランケは知る由もないけど、尾形には見事に裏切られてるし……。もう散々だなぁ。

奇跡の生還を願いたいものだけど……、どうかな~?
彼には奥さんも子供もいるんだし、ダメかな?

谷垣はこれでインカラマッの借りを返したということで、以降はキロランケへの態度は以前と同じ、という都合のよい展開にはならないよなぁ。さすがに。



スポンサードリンク



谷垣の怒り

さすが主人公気質の谷垣。

谷垣の怒りのエネルギーはすごいものがあった。

あの鬼のような形相は頭で考えてない。
キロランケを見たら反射的に感情が爆発したって感じ。

最終的には見事に劣勢をひっくり返した。
谷垣がキロランケに先制攻撃したけど、キロランケの氷塊による攻撃に比べたら軽かったからなー。
二撃目でこめかみに氷塊を落とされたことで谷垣はかなりグロッキーだったと思われる。

しかしそこで諦めることなく反撃するとは。
マタギ強えぇ。



スポンサードリンク





インカラマッの顔が頭の中をよぎったからこそ動けたわけだ。

それだけインカラマッを愛しているということだろう。

かっこいいけど、やっぱ相手がキロランケというのが悲しいな。

でも好きな女を害されたらその相手が誰であろうと怒り狂うのが男の中の男だと思う。

やはり谷垣はかっこいい。

コミカルな面が目立っていたけど、普段からのチカパシへの態度といい、やはり杉元と同様に男の鑑だと思う。



スポンサードリンク



嘘つき尾形

適当なこと言ってるけど、見事にアシリパを幻惑している。

それまではアシリパに矛盾を指摘され、説得の攻め手を欠いていたけど、また攻め始めた。
ここまで頑張ってきて、諦められないよなそりゃ。

しかしアシリパは明らかに尾形を怪しんでいる様子なので口は割らないだろう。

尾形の嘘八百はもはや芸術的だと思う(笑)。

自分がキロランケに合図出させてのっぺら坊を撃った張本人のクセに、架空の犯人を狙撃手に仕立ててさもキロランケだけがアシリパや自分たちを害する存在だと主張している。



スポンサードリンク




でもアシリパからしたら何が真実かなんてわかりようもないわけで。

アシリパの生来の頭の良さ、そして女性特有の勘、あるいは本能によって、尾形に口を割ることを拒否してる感じかな。

尾形はここからアシリパを説得するほどのリアリティのある嘘を捻り出すことができるのだろうか。

果たして杉元は尾形に追いつくことができるのか。
それとも尾形とアシリパ二人を逃がしてしまうのか。


スポンサードリンク




ゴールデンカムイ最新第186話忘れ物&185話あらすじと感想(ネタバレ含む)と考...
第186話 忘れ物前話第185話 再会のあらすじ進むギリギリのところで現れ、白石を死の淵から救った杉元。すぐさますごい剣幕で白石にアシリパの居場所を尋ねる。 アシリパはこの先にいる、と白石は親指で後ろを示す。 それを聞いて杉元は笑顔になる。 ...

186話の感想記事は上記リンクをクリックしてくださいね。

第187話 罪穢れ

最後の攻防

杉元は、ホパラタだぁ!! と叫びながらコートの裾を持ち上げ、風を受けることで流氷をまで船のように操り移動していた。
アシリパさんの教えに助けられちまったぜ、とテンション高めに叫んでいる。

一方、尾形はアシリパに”何を思い出したのか”聞き出そうとしていた。
早く教えてくれ、と必至の様子で頼む尾形に対し、アシリパは目を伏せるばかりで口を割ろうとしない。

尾形は一瞬思考を巡らせると、別の角度からアシリパを突き崩そうとする。
「俺は杉元に頼まれた」

その一言に、アシリパは明らかに動揺していた。


スポンサードリンク



尾形はそんなアシリパの反応を見て、捏造した話を進めていく。

網走監獄で”撃たれた”杉元とのっぺらぼうに接近した尾形は、撃たれた直後の杉元に意識があったのだと嘘をつく。

そして尾形は杉元が最期に何か言おうとしていたと告白し、それをアシリパに伝える。
「俺の親友は旅順で死んだ アイツの嫁さんに金塊を…少しでいいから分けてあげてくれ 目の手術をうけさせたいんだ…頼む…尾形…」

それを受けて、アシリパは即座に否定する。
尾形がさきほど、見に行ったときは既に死んでいた、と言っていたと指摘し、尾形の話の矛盾を突く。

しかし尾形は動じない。
杉元の末期の言葉がアシリパのことではなく、故郷の親友の未亡人のことだったからだと答えるのだった。
「こんな話…アシリパは聞きたかったか」


スポンサードリンク



それに対し、アシリパは何も返すことができなかった。

尾形は以前、杉元から金塊を求める理由を少しだけ聞いていた。
それを材料にアシリパの杉元への恋心を刺激し、口を割るように揺さぶろうとしていたのだった。

尾形の打った手は明らかにアシリパに効いていた。

尾形はさらに畳みかける。
杉元とは仲良くなれなかったものの、道中助けられたこともあった、と前置きし、杉元の最後の頼みのためにも、とアシリパから情報を聞き出そうとする。

「その人の名前は聞けたのか?」
アシリパが尾形に訊ねる。

尾形はその問いに、杉元はその時、トメ、と言っていたように聞こえた、と答えて、軍に問い合わせれば詳細がわかるからすぐに見つけ出せる、と続ける。

アシリパはさきほどのように尾形に突っ込むことなく、ほかには何を言っていたかと続けて訊ねる。

それに対し尾形は、故郷へ帰りたい、と言っていた、と少し感情をこめて答える。
そして、だからアイツのためにも…、とアシリパから情報を聞き出そうとするのは忘れない。


スポンサードリンク



アシリパは顔を伏せ苦しそうに目を閉じる。
そして、他にも言い残したことがあるなら全部言ってくれ、と尾形に問う。
「最後に何か食べたいとか…言ってなかったか?」

それに対し尾形は”あんこう鍋が食べたい”と杉元が言い残したと答える。

「あんこう鍋?」
アシリパの表情から迷いが消える。
「そいつは杉元じゃない」
確信を得てアシリパは尾形を真っ直ぐ見据える。

誰の話をしているんだ? と尾形に突っ込みを入れるアシリパ。
自分の知る杉元であれば最後に食べたいものを”干し柿”と答えたはず、と言って、尾形の嘘を打ち破る。

アシリパは、離せッ、と叫び、尾形の手を振り払う。
その勢いで後ろにでんぐり返ってしまい、矢入れが流氷原に投げ出される。


スポンサードリンク



最終局面

尾形は動揺しているアシリパに、落ち着け、と迫る。

アシリパは素早く矢を一本拾い上げると、弓に番えて尾形に向ける。
「近づくな お前はなにひとつ信用できないッ」

「あーあ…時間切れかな」
尾形は自身の説得が失敗に終わったことを悟っていた。
「やっぱり俺では駄目か うまくいかんもんだな」
一切動揺する様子はない。それどころか余裕さえ漂っている。

アシリパが引き絞っている矢の先には毒が乗っている。
その矢の震えは優位なはずのアシリパが動揺していることを伝えていた。

アシリパの様子を見ながら尾形は、前からひとつ気になっていたことがある、と切り出し、初めて会った時に杉元が自分を殺そうとするのを止めたことに言及する。


スポンサードリンク



尾形は、金塊争奪戦で不殺を誓い、『清い』ままでいようとするアシリパに違和感があった、父親から人殺しの心得は教わらなかったのか、アイヌの偶像も『清い』必要があるのか、とアシリパに次々に問いかける。

何の話なのかと問うアシリパに、尾形は続ける。
「やれよ 俺を殺してみろ 清い人間なんてこの世にいるはずがない」
そして、自分の中に殺す道理さえあれば罪悪感などに苦しまない、と続ける。
「…道理をやろうか?」

「お前の父親を殺したのは俺だ」
その時、強風が吹いて尾形が被っていた毛皮のフードを飛ばす。

衝撃的な告白を受けたアシリパは、尾形に対し目を見張る。


スポンサードリンク



「やれよ…お前も出来る…お前だって俺と同じはずだ」
尾形は冷たい視線でアシリパを見据える。

尾形に向けている矢を一瞬強く引き絞るが、アシリパはすぐに脱力する。
「私は殺さない…」

自分のことを真っ直ぐに見つめながら矢を下ろしたアシリパに、逆に尾形は銃口を向ける。
「…お前達のような奴らがいて良いはずがないんだ」

尾形のすぐ背後に静かに近づく人影がある。

杉元は顔に有り余る怒りを漲らせ、尾形に肉薄しようとしていた。


スポンサードリンク



第187話 罪穢れの感想

アシリパと尾形の駆け引き終了

ここ数話、尾形の説得とも懐柔ともつかない攻勢に晒されていたアシリパは、とうとう重要な情報を言わずに終わった。

やはりアシリパは賢いと思う。

いくらアシリパでも、杉元の最期に関しての尾形との情報格差には苦しんでいた様子だった。

白石とは杉元が生きている可能性を話しあっていても、アシリパは心の底ではもう杉元が死んでいると思っていただろう。

そんな中、杉元の最期に立ち会ったという尾形から、杉元の最期の言葉だと言われたら信じてしまいそうになるのも無理はない。

それに、尾形の言葉に耳を傾け続けたのは、何も杉元のことを知りたかったからというだけではない。
多分、これまで一緒に旅をしてきた尾形のことをまだ信用している部分があったからだっただろう。

しかし尾形の信用は尽きた。
アシリパは尾形が嘘つきだと喝破した。

尾形の”杉元の最期の言葉”という最終手段は、実は途中までかなりアシリパに効いていたと思う。

それはアシリパの苦しそうな表情から窺えた。
情報を言おうかどうか苦しんでいたのだろう。

尾形は流氷原に入ったあたりから卑劣さが目立っていた。

サイコパスの本領発揮という感じ。

しかしそんな尾形にも罰を受ける時が迫っているようだ。


スポンサードリンク



尾形の心の底

今回の話で尾形の胸の内、その一端がちょっとだけわかったような気がしている。

「…お前達のような奴らがいて良いはずがないんだ」

これは間違いなく尾形の心の底からの叫びだろう。
本音だ。

尾形にとって、アシリパの「清い」生き方はあまりに眩しかったのかな。

自分とは違い、祝福されて生きてきた勇作とアシリパを重ねてみていたことは明らかだ。

完全に嫉妬でしょこれは。

尾形の行動理由はこれまで明かされてこなかったが、金塊なんてどうでもよかったのかもしれないなと思った。

彼の行動に健全な思想はない。完全に病んでる。

杉元との死闘が待っているが、その末に前向きに生きるための何かを掴んで欲しいところだ。

このまま彼が癒されることなく、単なる卑劣な悪役として物語から退場するのは寂しい。

でも、改心したぜ! と少年漫画みたいな展開になってもそれはそれでどうかと思う。

ちょうどいい落としどころに落ち着いてくれることを期待したい。 


スポンサードリンク



杉元VS尾形

ついに杉元がキロランケたちのわずかなヒントを追って続けてきた旅の末に、尾形を捉えた。

杉元の胸の内を想像すると、最後の表情のヤバさがわかる。
撃たれたし、アシリパをさらわれるし、あまりにも怒りの感情はでかい。

文字通り、目の色が変わっている。

待ちに待った尾形へのリベンジの時は近いようだ。
杉元が尾形に勝利した際のカタルシスの大きさに期待している。

そしてアシリパにとっては、杉元が生きていたことを知る歓喜の瞬間が迫っているわけだ。

杉元は難敵である尾形とどんな戦いを繰り広げるのだろう。
距離が空いている場合、尾形の独壇場になるから、現在の吹雪は間違いなく杉元の味方と言えるだろう。

肉弾戦になるんだろうけど、果たしてどんな死闘になるのか。
互いの生死をかけた死闘になるのかな……。


スポンサードリンク



まさかこの流れで杉元を尾形が返り討ちにするなんて、無慈悲な展開はないよね?

もしそうなったらこの漫画マジですごいと思うわ。
予想を裏切り過ぎ。

杉元が勝って、でもアシリパの前だから尾形を殺さない、といった展開になるんだろうな。

どうやら占いの結果はキロランケの死のことを指している可能性が高いし、自分が憂慮していた尾形に関しては、死ぬことはないんじゃないかな?

気になるのはその後、尾形が物語にどう関わるかだ。

杉元たちの味方になるという少年漫画的な展開もまぁありなんだけどなー。
なんだかんだ、自分にとって尾形は好きなキャラだから……。

なんかキロランケが死ぬ流れを既定路線として語ってしまったけど、彼の生死も気になる。

ひょっとしたら死ぬのは尾形で、キロランケはギリギリのところで生還するのかも……。

両人とも死亡、という最悪の結末は避けてほしいわー。

とりあえず、盛り上がりが最高潮の状態で次号へ続く、と。

すでに続きが気になってしょうがない。

以上、ゴールデンカムイ第187話のネタバレを含む感想と考察でした。

第188話に続きます。

ゴールデンカムイ最新第188話生きるネタバレ含む感想と考察と187話あらすじ。
第188話 生きる前話第187話 罪穢れのあらすじ尾形の最後の手段尾形を追跡している途中、白石、リュウと一緒に割れた流氷に乗って孤立してしまった杉元は、ホパラタだぁ!! と叫びながらコートの裾を持ち上げ、風を受けることで船のようにして徐々に移動していた。...

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280