ゴールデンカムイ最新第140話アイヌの女の子の感想(ネタバレ含む)と考察。樺太ヤバイッ!! 樺太でアシリパを捜索する一行が出会ったのは……。

スポンサーリンク

第140話 アイヌの女の子

第139話のあらすじ

全焼した網走監獄の舎房。

まだ白い煙がたちこめている柱と梁だけになった舎房跡から焼死体を運び出していく第七師団兵たち。

土方、牛山、夏太郎、門倉、都丹庵士は教誨堂の地下、のっぺら坊が監禁されていた監獄に身を潜めていた。

地下を探索し、土方は犬童が情報を整理していた部屋を見つける。

土方と門倉が通じていたことは筒抜けであり、自分たちの情報がきちんと調べられている。

自分をおびき寄せるために脱獄囚の情報もあると確信する土方は網走を出て南へと進路をとることを決定する。

一方、樺太の漁港へと着いたアシリパ、白石、キロランケ、尾形。

誰が杉元を撃ったのか、白石はアシリパに問うがアシリパは分からないと首を左右に振る。

第七師団から治療を受け、ベッドで苦しそうなインカラマッもまた照明弾の轟音でウイルクと杉元を撃った発砲音がわからなかったと証言。

杉元はあんな狙撃が出来るのは尾形しかいない、撃たれた瞬間あいつを感じた、と尾形の仕業だと確信する。

ゴールデンカムイ139話 杉元

尾形は、頭を撃ち抜いた杉元がひょっとしたら生きているかもしれないと不敵に笑う。

杉元は裏切った尾形とキロランケを殺してやると殺意を燃やし、杉元たちが集めた刺青人皮をうっとりと抱きしめる鶴見中尉にキロランケたちが樺太に行ったという根拠を問う。

鶴見中尉は杉元にインカラマッから聞いた話を説明する。

白石、そしてアシリパを小脇に抱えて逃げるキロランケ、を追いかけるインカラマッ。

キロランケはインカラマッが危険だと叫び、いち早く白石にアシリパと一緒に逃がす。

キロランケの言葉を信じるな、と叫ぶインカラマッの喉元にキロランケは黙れとマキリの刃先を突きつける。

揉みあいになり、インカラマッの腹にマキリが刺さる。

刺すつもりはなかったと顔を青ざめさせるキロランケ。

インカラマッは自らマキリを掴み腹部に留める。
自分を刺した人物がキロランケであることを示す証拠を残そうとしていたのだった。

ゴールデンカムイ139話 インカラマッ

杉元を担いだ谷垣がやってきて、キロランケは逃げる。

鶴見中尉は、キロランケたちがアシリパを手にした以上、仲間であるパルチザンとの合流を果たすために樺太に渡った可能性が高いと説明する。

杉元は第七師団だけで行ってもアシリパは信用しないとして樺太同行を申し出る。
そして、アシリパを確保して暗号解読が解けたら二百円をくれと要求する。

谷垣も、アシリパが信用しているのは杉元と自分の二人だけと同行を申し出る。

鶴見中尉は網走監獄で派手に暴れた後処理が残っているため、少数精鋭の先遣隊を樺太に送ると月島軍曹、鯉登少尉に白羽の矢を立てる。

鯉登少将の駆逐艦は樺太を目指し航行する。

ゴールデンカムイ139話 鯉登少将

息子の鯉登少尉が死ぬかもしれないのに良いのかと鯉登少将に問いかける杉元。

鯉登少将は、息子がいずれ指揮官として働くために進んで困難に立ち向かうべき、と言い、さらに指揮官として預かっている若い命をよそに自分の息子だけを危険から遠ざけるわけにはいかないと答える。
そして、アシリパにサバイバルや戦いの術を仕込んだのっぺら坊もまた同じであり、娘を利用しようとして育てたわけではないだろうと続ける。

「アシリパさんに伝えなきゃいけないことがたくさんある」

駆逐艦は樺太を間近にしていた。

ゴールデンカムイ最新第139話樺太への感想(ネタバレ含む)と考察。土方は新しい囚...
第139話 樺太へ第138話のあらすじ森の中、永倉が銃を構えて移動している。その途中で永倉が発見したのは第七師団兵2人に前後で挟まれ、ホールドアップしている家永の姿だった。 息を潜め、木の陰から見つめる。 ウイルクに引き続き、杉元が撃たれた場面を...

139話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。


スポンサードリンク



第140話 アイヌの女の子

大泊でアシリパを捜索

杉元たちは北海道の最北端から北へ40キロの地点にある樺太は大泊(おおどまり)に到着していた。
(※現在の都市名はコルサコフ)

日露戦争後に北緯50度でほぼ半分に割譲された南側の日本領に一万二千人が暮らしていたという。

谷垣は、キロランケ達が樺太に来ているならば玄関口である大泊から上陸している可能性が高いと指摘する。

月島軍曹が船着き場に下ろされた鯉登少尉の大量の荷物を指さし、置いていきなさい、と諭している。

ゴールデンカムイ140話 月島軍曹と鯉登少尉

必要最低限だッ、と拒否する鯉登少尉。

突然、荷物の中の一つ、大きな箱の蓋が開き、中から目をシパシパさせているチカパシと二瓶の飼い犬だったリュウが出て来る。

なんだこの汚いのはッ、と驚く鯉登少尉。

「チカパシ!?」
谷垣がチカパシがついてきていたことに気付き驚く。

月島軍曹は谷垣が連れていた子供だと察し、北海道へ戻る船で送り返しておけよ、と命令する。

「北海道戻っても俺がいる場所無い…」
チカパシが月島軍曹を真っ直ぐ見据える。

「……」
しばしの沈黙の後、月島軍曹は北海道へ送り返せとは繰り返すことなく、谷垣に背を向ける。
「谷垣が責任を持て」

ゴールデンカムイ140話 月島軍曹と谷垣

杉元はリュウの傍らにしゃがんでいる。
「チカパシはわからんがこいつには何度も助けられている」
そして、リュウの鼻先にアシリパのマキリを差し出して、その匂いを嗅がせる。


スポンサードリンク



聞き込み。そして不安。

大泊の街へ聞き込みに向かう一行。

杉元が桶を持ったオヤジに声をかけて写真を見せる。
「この写真に写ってる子見なかったかい?」

へぇ…、かわいいね、と頬を染める親父。
「あれ? そこにいるじゃねえか」

「え!? うそだろ?」
オヤジが指さす方向に勢いよく顔を向ける杉元。

そこにいたのは谷垣だった。

写真を確認すると写真に写っているのはほぼ全裸でM字開脚でイスに座る谷垣の姿だった。
「あ…間違った この写真じゃないわ」

ゴールデンカムイ140話 杉元

月島軍曹も谷垣も街を歩いている人達に片っ端から話を聞いて回る。

インカラマッの情報を元に樺太にやってきた一行。

そもそもアシリパが樺太に来ているのか、杉元達の脳裏に不安が過る。

北海道での初雪よりも一カ月も前だというのに雪が積もってきている事に驚く杉元。
「樺太やばいな」

月島軍曹が鯉登少尉の姿が見えない事に気付く。


スポンサードリンク



フレップワイン

杉元達のいるすぐそば、「フレップ本舗」と看板が出ている建物で鯉登少尉は店員のおばさんからフレップを勧められていた。
「軍人さんフレップ知らないの? コケモモよ」

樺太では夏、沼地で大量に実がなるため、それで作ったフレップワインが樺太の特産品であるとおばさんから説明を受ける鯉登少尉。

フレップワインを堪能している鯉登少尉をようやく発見してため息をつく月島軍曹。

鯉登少尉は全く悪びれる事無く月島軍曹になかなか美味いぞとフレップワインを勧める。

「観光じゃねえんだぞボンボンが」
杉元が鯉登少尉を見ずに文句を言う。
「てめえの楽しみを優先すんなよ」

フレップワインの入ったグラスを片手に無表情で杉元を見つめる鯉登少尉。

おばさんがフレップワインは服についたら洗っても落ちないから気を付けて、と鯉登少尉に注意を促す。

あ、そうなの、と鯉登少尉は返事をしたかと思うと、手元のグラスのワインを杉元のコートにわざと浴びせかける。

ゴールデンカムイ140話 杉元

「落ち着け杉元」
静かに怒りを溜める杉元を谷垣が窘める。

「おねえさん俺にもついでくれる?」
杉元が手に持ったグラスにおばさんからワインをついでもらいグラスごと鯉登少尉の額に投げつける。

倒れた鯉登少尉のコートの襟を掴み上げる杉元。
杉元を背後から抱き、暴力を止めようとする谷垣。

大騒ぎになるかと思われた一瞬、チカパシに向けて言ったおばさんの一言が事態を鎮静化させる。
「ぼうやも初めて見るアイヌの子だねぇ」

「どこから来たの? 今日は二人目だわ」

それ詳しく教えて、とおばさんに視線を向ける杉元。
その頬を鯉登少尉が殴りつける。


スポンサードリンク



アイヌの集落へ

おばさんは、町に魚を売りに来るアイヌのおじいさんがソリの後ろに初めて見るアイヌの女の子を乗せていたのだと説明する。

「こ…この子か?」
慌てながら写真を見せる杉元。

ゴールデンカムイ140話 杉元

「ちょっと違うわねえ…」
杉元がおばさんに突き出していたのはほぼ全裸の谷垣が女豹のポーズをとっている写真だった。

今度はきちんとおばさんにアシリパの写真を見せる杉元。

この子だとおばさんが答えて、先ほどアイヌの集落へと帰っていったと続ける。

「やっぱり来てた!! アシリパさんは…!!」
嬉しそうにフレップ本舗を後にする杉元。
「この樺太に来てたんだッ!!」
息を弾ませて駆け出す。

おばさんから聞いたアイヌのおじいさんが住む集落へ続く道を行く一行。

途中で遭遇したロシア人に月島軍曹がロシア語でこんにちわと挨拶する。

ゴールデンカムイ140話 月島軍曹

「走れッ 急ぐぞ!!」
ロシア人が道を指し示した方向に月島軍曹が一行を先導する。
「ついさっきアイヌの女の子を見かけたらしい」
走りながら月島軍曹が付け加える。

月島軍曹は走りながら一行に説明する。
話を聞いたロシア人がアイヌの少女が一人森の中に入っていくのを止めようとしたが見失ったのだという。
この時期はまだヒグマが冬眠しておらず、しかもここにはヒグマよりもさらに凶暴な動物がいると言っていたのだと慌てて続ける。

どんな生き物だ? と尋ねる鯉登少尉。

「アシリパさん!!」
杉元が足を止めて叫ぶ。

谷垣が子供の雪上に足跡を発見する。


スポンサードリンク



アイヌの女の子と謎の動物

こっちだ、と谷垣が促す先にアイヌの女の子がいる。
杉元達に振り返った状態でその場に止まっている。

アシリパさんじゃない……、と力なく呟く杉元。

樺太アイヌの女の子だったのか、と月島軍曹。

どうしてひとりなの? とチカパシが尋ねる。

「ヘンケの耳悪い… ヌソからわたし落ちた」
女の子が杉元達に説明する。
「クコタヌフ帰る ここまっすぐ私のクコタヌフ」

「ソリから落ちたのにジイさんの耳が遠くて気づかれず置いてかれたから近道で森を通ったってことだろう」
鯉登少尉がアイヌ語混じりの女の子の言葉を意訳する。

女の子はチカパシに、北海道のアイヌ? と尋ねる。
「わたし会った 北海道から来たアイヌの女の子」

ゴールデンカムイ140話 樺太アイヌの女の子

ちょっと待て、その子って…、と驚いた表情の杉元が谷垣のほぼ全裸の写真を女の子に向ける。

ゴールデンカムイ140話 杉元

その時、リュウが吠える。

月島軍曹と谷垣がリュウの吠えた方向を見ると、そこにはヒグマがいる。

「子どもたちを後ろに!!」
誰にともなく素早く指示をしながら、月島軍曹は銃のレバーを引いて安全装置を外す。

ブエエッ

ギャウゥ

ヒグマが苦しみながら杉元達に向かってくる。

「様子がおかしいぞ」
月島軍曹は銃を構えたまま、ヒグマの様子に違和感を覚える。

「血が出てる」
月島軍曹の隣で同じく銃を構えている杉元もヒグマを観察する。
「ケガしてるのか?」

ゴールデンカムイ140話 ヒグマ

ボテッ、とヒグマの背中から何かが落ちる。

「なんか小さいのが落ちたッ」
鯉登少尉が呟く。

のそり、と起き上がったのは小型の動物。

「こいつがヒグマを襲っていたのか? 何だこの生き物は!?」
杉元が不気味な小動物を前に叫ぶ。
「樺太ヤバイッ」


スポンサードリンク



感想

クズリ(ウルヴァリン)か?

ラストのヒグマを襲っていた妙な小動物。

調べてみたが、ヒグマを襲っていたのはおそらくはクズリと呼ばれる生き物ではないか。
始めはラーテルかと思ったが、調べていく内にクズリではないかと思い至った。

英名はアメリカのヒーローと同じ「ウルヴァリン」というそうで、小さな体でありながら自分よりも遥かに大型の動物も脊髄を狙って攻撃することで倒してしまう狂暴性を持っている恐ろしい動物だとのこと。

ラストでヤバそうな雰囲気を出しておきながら、次の話の最初のコマでいきなり倒すなんてこともありそうだが、そんな上手くはいかない気がする。

一撃当てれば倒せるだろうけど、こんな小型で、恐らくはすばしっこいであろう相手に対して銃弾をヒットさせるのは難しそうだ。

これは思わぬ相手との戦闘になった。予想外だわ。

どんな戦いになるのか楽しみ。

アイヌの女の子

メチャクチャかわいい。

ゴールデンカムイ140話 樺太アイヌの女の子

アシリパさんとはまたちょっと違った可愛さだと思う。

アシリパさんよりも幼い感じ。10歳に満たないか。

この子の案内で樺太アイヌの集落へ向かうことになるのだろう。

アシリパさんがその集落にいるということは無いだろうけど、何かしらのヒントは得られるんじゃないかな。

キロランケは恐らく仲間のパルチザンの元に向かったのだろう。
そして、現地のアイヌがそこを知っているという展開か。

次号、クズリを倒して女の子を集落に送り届けてアイヌから歓待を受ける、みたいな流れになるんじゃないかと予想。


スポンサードリンク



月島軍曹がナイスガイすぎる

第140話、月島軍曹がとにかくかっこよすぎないか?

ポイントが金ちゃんの仮装大賞で合格間違いなしのグループ並みに急激に上がるのを感じた。

まず、チカパシがついて来てしまった事を長々と咎めるどころか、北海道に居場所が無いと言うチカパシの境遇を察して谷垣に世話を命じた。

ナイスガイ。

ゴールデンカムイ140話 月島軍曹と谷垣

ロシア語を駆使して現地ロシア人からアイヌの女の子についての有力な情報を得た。

知的。

ゴールデンカムイ140話 月島軍曹

ヒグマが近づいてくるのを知って、子どもたちを守るシフトを杉元、谷垣、鯉登少尉らに素早く指示した。

頼りがいがある!

この1話でどんだけポイント上げてるんだよ(笑)。

ゴールデンカムイで一番の常識人である月島軍曹の良さが出まくっていた話だった……。

月島軍曹のファンはこの140話を覚えておいて繰り返し読み返すべきだろうな(笑)。


スポンサードリンク



杉元ふざけんな(笑)

クソ真面目に大泊の住人に谷垣のほぼ全裸の写真を見せつけていくのやめろ(笑)。

ゴールデンカムイ140話 杉元

危うくアイヌの女の子にも見せつける所だった。トラウマになりかねん。

ゴールデンカムイ140話 杉元

っていうか、谷垣の恥ずかしい写真はあと何種類あるんだ。

ゴールデンカムイ140話 杉元

第124話、北見で撮った写真がまさかこんな形で使われるとは……。

ゴールデンカムイ最新第124話思い出の写真の感想(ネタバレを含む)と考察。北見で...
第124話 思い出の写真第123話のおさらい都丹庵士に有利な夜の暗闇が夜明けが近づいて徐々に日が射していく。都丹庵士は部下と一緒に杉元たちから逃げる。逃がすまいと都丹庵士の仲間に蹴りを打つ杉元。アシリパが木に縛り付ける。杉元の負った傷の具合を心配して杉...

正直、杉元が大真面目に谷垣の写真を見せる度に笑った。

写真の中の谷垣のポーズが毎回違っていてバリエーションが豊かなんだよなぁ……。

そして、北見で撮られた写真が明らかにおかしい事にも、そのおかしい写真を大泊の住人に見せびらかされているのにも全く気付いていない谷垣もまた笑いを誘う。

「みんな脱いだよ」と谷垣を騙してほぼ全裸に剥いて撮った写真は一体何枚あるのか。

杉元が谷垣の写真を余さず持っているとすれば、谷垣はとんでもない弱みを杉元に握られている事になるのではないか。

アシリパを捜す時に、またナチュラルに間違えそうだ。

出来れば杉元の持ちネタにして欲しい。

以上、ゴールデンカムイ第140話のネタバレを含む感想と考察でした。

ゴールデンカムイ最新第141話樺太アイヌの感想(ネタバレ含む)と考察。凶暴なクズ...
第141話 樺太アイヌ第139話のあらすじ樺太の大泊に上陸した杉元達。鯉登少尉が持ち込んだ大量の荷物の中からチカパシと二瓶の飼い犬だったリュウが顔を出す。北海道には居場所が無いと主張するチカパシに月島軍曹は咎める事無く谷垣に世話を指示する。大泊の町でア...

141話の詳細は上記リンクをクリックしてくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280