ゴールデンカムイ最新第220話ネタバレ含む感想と考察。第219話あらすじ。

スポンサーリンク

第220話
※第219話のみ。第220話はヤングジャンプ発売後に更新予定です。

前話第219話 平太師匠のあらすじ

流し掘り

川で砂金採取の作業を行う嵩と三郎。

嵩に父の所在を問われた三郎は、黙って一人で酒を買いに行ったのだろうと答える。

ヴァシリは倒木に腰かけて、枝にとまっているミソサザイをスケッチしていた。

その光景を見て、チャクチャクカムイだ、とアシリパ。
アシリパは、チャクチャクカムイは熊が近くにいればチャクチャク鳴いて熊のところに案内しようとするはずだと続ける。

平太はネコ板という砂金掘りに使用する道具を杉元たちに見せて、「流し掘り」という手法を説明していた。
流し掘りとは川底にある玉石を掘り起こし、堰を作って川の流れを弱め、その下流にネコ板を設置して砂礫を流し、ネコ板にアカ(砂金)やハク(砂白金)を溜める、少人数ではもっとも効率の良い手法なのだという。



スポンサードリンク




そのためには場所選びが肝要だという平太は、並の砂金掘り師なら試し掘りが必要だが自分は川の雰囲気で分かると杉元たちに場所を指定する。

このあたりなら1日の作業で10匁以上は採れるという平太の予想を聞き、生唾を飲み込む杉元と白石。
平太は、取り分は折半にしましょうと二人に呼びかける。

「一日15円以上の儲け」

「命懸けでヒグマ倒すのより遥かに割に合うぜ」

こそこそ話している白石と杉元に、アシリパがピシャリと言い放つ。
「そうやってみんな猟をやめて砂金を採ったから川が汚れたんだ」

「平太師匠 よろしくお願いいたします!!」
アシリパの言葉を完全に無視して、平太に全力で頭を下げる杉元と白石。



スポンサードリンク




平太の不穏な一言

アシリパは平太の腰元にある煙草入れがアイヌのものではないかと平太に確認する。

昔一緒に砂金を掘って仲良くなったアイヌからもらったのだと平太は答える。

だからウェンカムイと言う言葉を知っていたのかと納得するアシリパ。

杉元は、自分たちも雨竜川で砂金掘り師を襲っているウェンカムイの話は聞いているとアシリパに続く。

「ご安心ください」
こちらにはヒグマ狩りの専門家がついている、とアシリパを指し示す白石。
「師匠は砂金掘りに集中してください」

アシリパは平太に、ウェンカムイがどんどん近づいていると言ったが、何日前から付近をうろついているのかと問いかける。

「もう何年もです」

思わず、え? と聞き返すアシリパ。

杉元と白石は早速作業に取り掛かろうとしており、平太の言葉を聞き逃していた。

平太はアシリパに、ニコ、と笑いかける。



スポンサードリンク




スケッチ

夢中になってスケッチしているヴァシリに、絵を描いているのかとノリ子が話しかける。
「楽しい?」
そう言いながらヴァシリが双眼鏡をかけている枝に手を伸ばす。
そしてノリ子は身振り手振りを交えて、自分の事も描いて欲しいと伝えて、ヴァシリを簡易小屋に連れ込むのだった。

綺麗に描いてね、とおもむろに服を脱ぎ始めるノリ子。

ヴァシリはじっとノリ子を見つめていた。

「あたしのからだ…好き?」

ノリ子の流し目を向けられながらも、ヴァシリはそれを特に意に介した様子もなくスケッチを始める。

ふと傍らの何かに気付くノリ子。
「まただわ…捨てたはずなのに…」
その表情は青ざめていた。

「ノリ子!! 何やってんだッ」
小屋の入り口の布を開けて嵩が怒鳴り込む。



スポンサードリンク




「来いッ」
嵩はノリ子に服を着せて強引に外に連れ出す。

去り際、ヴァシリを睨む嵩。

ヴァシリもまた嵩を見返す。

簡易小屋から離れた嵩は、暇だったから、と言い訳するノリ子に、だからって会ったばかりの男にあんな真似するな、と怒りをぶつける。

ノリ子は特に悪びれずに、ヴァシリに興味があったのではなく、自分のきれいな体を絵で残しておきたかったのだと答える。
そして、この山で嵩の砂金掘りが終わるのを待っていたらすぐにお婆ちゃんになってしまうと考えたためだと言って、もうしないと謝罪するのだった。

ノリ子の主張に理解を示す嵩。
ハク(砂白金)で儲けたら東京に行って商売するから、と言ってノリ子と口づけを交わす。

その様子を、樹上にいた平太が舌をペロペロさせながら覗いていた。
そして間もなく飛び降りるのだった。



スポンサードリンク




仕掛け弓

流し掘りの作業を行っていた杉元と白石は、平太がいないことに気付く。

河原で湯を沸かしているアシリパに、平太がいなくなったから探してくれと慌てて懇願する杉元と白石。
「あいつが熊に食われたら俺らの砂金掘りが台無しなんだから!!」

「本当に熊がいるんならな…」
アシリパが呟く。

「なあ兄ちゃん」
倒木に腰を下ろしてスケッチを再開していたヴァシリに嵩が話しかける。

嵩の双眼鏡のジェスチャーで、枝にかけておいた自分の双眼鏡がなくなっていることに気付くヴァシリ。

嵩は指で少し離れたところにある木を指し示す。
「サルノコシカケの上に置いてあるの兄ちゃんの双眼鏡じゃない? ノリ子のいたずらじゃねえかなぁ」



スポンサードリンク




木の幹に生えているサルノコシカケに双眼鏡が載せられている。

取りに向かうヴァシリ。
その行く手にある紐に触れると、仕掛け弓(アマッポ)が発射される。

その直前で、ヴァシリの背中に思いっきり飛び蹴りを食らわすアシリパ。

発射された矢は木の幹に刺さりる。
「鹿を狙った仕掛け弓だ 危なかった」

その一部始終を、嵩は少し離れたところからじっと見つめていた。

アシリパはアマッポがある場所には印がある、と木の幹の印を指さす。
「頭巾ちゃんも覚えておけよ」



スポンサードリンク




アシリパは平太が熊を目撃したという場所よりも範囲を広げて熊を捜索していた。
その結果、穴ごもりをし損なったマタカリプの痕跡はなく、周辺のヒグマは皆、巣穴に籠っていると結論する。
そしてアシリパは、平太はなぜ『ヒグマがいる』などと嘘をつくのかと考えるのだった。

「おい杉元 あれ…」
白石の指さす方向を見る杉元。

少し離れた先には、熊の後ろ姿があった。

戻ってきたアシリパに杉元はヒグマの存在を知らせる。
「平太師匠の言う通り近くにいるッ ウェンカムイから平太師匠を守らないと!!」

ヒグマの足元には、三郎の父、そして三郎の二人の死体が埋められていた。

まるで熊のように、目と口を大きく見開く平太。



スポンサードリンク



第219話 平太師匠の振り返り感想

謎だらけ

前回に引き続き、まだ謎が多い。
特に平太はその行動原理はもちろん、そもそも平太本人なのか、なぜ熊に食われたはずなのに生きているのかわからない……。

そして前回は平太一人が怪しく、何かを企んでいるのではないかと思ったが、どうやらヴァシリを仕掛け弓(アマッポ)で殺そうとした嵩(ノリ子の可能性もある?)もそっち側の人間らしい。

アシリパさんは平太の「熊がいる」という主張を嘘だと見抜いた。

砂白金に目がくらんだ杉元と白石は平太に対する違和感を特に抱いている様子はないし、今回はアシリパさんとヴァシリが先頭に立って戦うことになるのだろうか。

戦う相手は平太? そしてアマッポでヴァシリを殺そうとしたらしい嵩なのか?
それすらも定かではなく、ただただ不気味な展開が続く。



スポンサードリンク



ただ、この平太と嵩の二人はあまり組んでいるような感じがしない。
ノリ子と口づけをする様子を樹上から覗いている平太からは、嵩とノリ子への仲間意識が感じられない……。

組んでいたとしても、その仲間意識は砂白金を独り占めできると確信できたなら容易く裏切る程度の希薄なものではないだろうか。
嵩は砂白金に執着しているけど、平太は砂白金より熊を装って三郎やその父を皮切りに、嵩やノリ子を殺そうとしているとか?

じいさんと三郎は普通に平太や嵩への仲間意識があったように見えたんだけど、何分大した言葉も発することなく死んでしまったから、ひょっとしたら平太、嵩、ノリ子に黙って密かに砂白金を独り占めしようという気があったのかもしれない。

平太たち五人組は、実は平太、嵩とノリ子、三郎と父の三組で、水面下で砂白金を独り占めしようとしていた?
つまり三郎と父のチームが敗れたということだったりするのだろうか。



スポンサードリンク



平太が特に不気味で謎が最も多い。
そもそも今回のエピソードのプロローグで平太はウェンカムイによって殺されていたはず。
その際に枝で作った頭部の傷が残っているし、やはり実際に起こったことなのではないか……。

今いる平太は生きているのか、死んでいるのかすら曖昧で、実に気持ち悪い……。
熊が何日前から近くをうろついているのかとアシリパに問われて、何年もです、と答えた平太が怖すぎる。

平太が熊に襲われたのは数年前のことで、かろうじて命を取り留めていた?

死者が動いて生きている人間を陥れる、みたいな世界観の漫画じゃないし、平太は生きていると考えた方が良いのか。

平太に双子がいたか、それとも兄弟か。まだ色々な可能性は残っているが、少なくとも杉元たちは平太たちによって何かトラブルに見舞われようとしていることは確かだ。



スポンサードリンク



謎だらけ

ノリ子がヴァシリを連れ込んだ簡易小屋の中で見たものは何なのだろう。

「捨てたはずなのに……?」ってどういうこと?

顔を青くしながらこんなセリフを言うということは、とりあえず何か後ろめたいことがあるのか、それとも恐怖を抱いているのか。

おそらく嵩とノリ子の関係性から、この二人は一組とカウントできるんじゃないか。

ノリ子が驚いていた何かをヴァシリに見られたかもしれないと考えて、嵩は彼をアマッポに引っ掛けて始末しようとした?

嵩とノリ子もまだまだ平太と同様に謎が多い。

ただ、アシリパさんがそのアイヌの知恵を駆使して、平太の主張を疑っている。
これにより、熊が彼らの周囲をうろついているのかどうかが極めて怪しくなった。

でもそう思ったのも束の間、杉元と白石は熊の後ろ姿を目撃していたのだという……。

謎だ……。



スポンサードリンク



その足元には今回新たに殺されてしまった三郎と、前回のラストで殺されたじいさん、つまり三郎の父親が埋まっている。

今回の犠牲者は三郎だった。

アシリパさんが熊が付近にいないと言ったことから、熊がいると主張する平太が前回よりもさらに怪しく感じるようになった。

前回死んだじいさん――三郎の父も、そして今回死んだ三郎も、平太の手によるものではないか?

平太は自分の仲間を殺したいのかな?
それとも、杉元たちも含めてメンバー全員を殺したいのか?
杉元たちが来たことで殺戮を開始した?

平太が杉元と白石に砂金採りをレクチャーしているのは、親切というよりは杉元たちから信頼を得てこの場に足止めしておこうとしているように見える。

果たして真相は?

そして杉元たちは無事にこの場を切り抜けることができるのか。

ゴールデンカムイ最新第219話平太師匠ネタバレ含む感想と考察。第218話あらすじ。...
第219話 平太師匠前話第218話 砂金堀り師たちのあらすじ砂金掘り落ちかけたところを救われた平太は、杉元に礼を言う。杉元は平太の額に傷があることに気付き、大丈夫かと問いかける。これはちょっと前のものなので、と返す平太。内心で杉元のことを、やさしい、と評...

219話の感想記事は上記リンクをクリックしてくださいね。

第220話

※後日追記予定。

ゴールデンカムイ最新第221話ネタバレ含む感想と考察。第220話あらすじ。
第221話※第220話のみ。第221話はヤングジャンプ発売後に更新予定です。前話第220話 毛皮のあらすじ冷静なアシリパ熊を目撃した辺りで、熊を捜索する杉元たち。しかし杉元たちが来た頃には、熊の姿は周囲に跡形もなく消えていた。アシリパは、熊の足跡がわからなくな...
スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280