ゴールデンカムイ最新第196話モスネタバレ含む感想と考察。第195話あらすじ。尾形を救うためには手術が必要。杉元の判断は……?

スポンサーリンク

第196話 モス

前話第195話 有古の庭のあらすじ

正体がバレる

都丹を追って洞窟に入った菊田特務曹長、有古一等卒、宇佐美上等兵。

3人は、地面から生えた氷筍を割ると、その音目がけて洞窟の奥から銃弾が飛んでくることから、自然と動きを止め、物音を立てずに様子を窺う。

幼い頃この洞窟に来たことがあった有古一等卒は、氷筍の存在を忘れていた。

チノイエタッ(松明)があれば避けて動けるが、真っ暗な洞窟で灯りを点けると格好の的になってしまう。

有古一等卒が銃ごと体を旋回すると、誤って氷筍に当ててしまう。

その瞬間、洞窟の奥から有古一等卒目がけて銃弾が飛んでくる。

地面に倒れながらかろうじて銃弾をかわす有古一等卒。

「この野郎ッ」
二丁拳銃を連射する菊田特務曹長。


スポンサードリンク



宇佐美上等兵も都丹に向けて銃を撃つが、都丹は真っ暗な洞窟内をカンカンと音を立てながら軽快に駆けてゆく。

その様子を前にして、菊田特務曹長はおかしいと感じていた。

暗闇の中を素早く移動しているにも関わらず、自分たちのように氷筍を倒さないあの囚人は、そもそも地獄谷の火山ガスの中でも視界不良の中を苦も無く動いていた。

おもむろにコートを脱ぐ菊田特務曹長。

都丹は舌を鳴らして氷筍を巧みに避けて移動していた。
その最中に何かに気づき、鼻を鳴らす。

菊田特務曹長は銃剣にコートを巻き付け、それに火をつけて周囲を照らしていた。

その灯りは都丹の姿をあぶりだす。

(松明か…!!)
事態に気づいた都丹。


スポンサードリンク



菊田特務曹長の銃弾を左肩に受け、うめき声を上げる都丹。

都丹の顔を見た菊田特務曹長は、ここまで自分が追いかけていた相手が保養所で見た按摩だと気づく。

目が不自由であることを知られてしまい、形勢の不利を悟った都丹は急いで菊田特務曹長たちから遠ざかっていく。

菊田特務曹長は都丹がカンカンという音で周囲を把握していると、追いついてきた有古一等卒に情報を共有する。

逃げた都丹を追ううちに洞窟を出た菊田特務曹長たち。

少し離れた林からカンカンという音が聞こえる。

足を撃たれた宇佐美上等兵は、銃を杖代わりにしてようやく菊田特務曹長たちに追いついていた。

菊田特務曹長は有古一等卒に都丹追跡を命じる。


スポンサードリンク



菊田特務曹長たちからある程度離れることに成功した都丹は、肩に埋まった銃弾を出すことを考えていた。

しかし有古一等卒が踏んだ枝の音を聞き、弾の摘出は後回しにして逃走を続ける。

菊田特務曹長は思うように歩けない宇佐美上等兵に肩を貸して有古一等卒の後を追っていた。

有古一等卒一人で大丈夫なのかという宇佐美上等兵に、菊田特務曹長は有古一等卒が日露戦争の二年前に起きた冬季訓練の雪中行軍で199名が死亡した”八甲田山雪中行軍遭難事件”における捜索隊の一人であると告げる。

北海道から招聘されたアイヌのひとりなのか、と宇佐美上等兵。


スポンサードリンク



菊田特務曹長は、アイヌの捜索隊が凍り付く川に浸かり、雪山をまるで平地のごとく歩いては遺体を収容していく姿は地元の人間も舌を巻いたらしいと解説する。

そして、有古力松一等卒にとっては登別は「庭」であり、逃げることは不可能だと続ける。

都丹はひたすら追跡者、有古一等卒から逃げていた。
有古一等卒が枝を折る音が聞こえる度に、微妙に逃げる方向を変えていく。

都丹の足跡に追いつき、わざと枝を折る有古一等卒。

何度かその音を耳にして、都丹は違和感を覚えていた。


スポンサードリンク



「なんか嘘くせえなぁ あの枝が折れる音」

そう呟くと、都丹から微妙に軌道を外した弾が雪上に弾着する。

都丹は銃弾の来る方角をきちんと聞き分けていた。

何発も撃ってくる追跡者に向けて反撃するように、都丹庵士も狙いを定めて銃で反撃する。

何発か銃を撃っていると、背後からゴゴゴゴ、と聞き慣れない音がすることに気づく都丹庵士。

しかしすぐにその音の正体に気づく。


スポンサードリンク



「そうか 俺は誘導させられていたのか」

「これが起こりやすい場所を知っていたわけだ」

諦めたように棒立ちになる都丹庵士。

雪山の斜面から生じた雪崩は都丹を今にも飲み込もうとしている。

「負けたぜ」
都丹が呟く。

雪崩は斜面をびっしりと覆っていた。

その光景を確認し、無言で排莢する有古一等卒。


スポンサードリンク



第195話 有古の庭の振り返り感想

都丹庵士の最期?

都丹庵士、敗北。

これはさすがに命は助からないっぽい。

せっかく網走監獄で負った重傷から復帰したのに……。
何より戦い方が独自でかっこいいからここであっさりと死ぬのは惜しい。

有古一等卒やり手だな……。
あまりにも見事な自然を用いたトラップだった。
幼少期から自然に親しんでいるからこそ出来る神業といえるだろう。

タイトル通り、登別周辺は有古の庭だったというわけか。


スポンサードリンク



都丹庵士が刺青囚人ということは菊田特務曹長たちにバレている。
ということは、都丹は雪に埋まったままにされることはないはずだ。

都丹の刺青の写しを持っているのは杉元だったはず。
第七師団からしたら新しい刺青だし、仮にすでに持っている刺青であったとしてもこれ以上写しを増やさないためにも仕留めることは重要だろう。

いや、杉元の持っていた刺青は全部鶴見中尉の手に渡っているはずだから刺青を回収しても意味がないのか……。

でも菊田特務曹長たちはそれを知らない。だから都丹を掘り出すはずなんだよ……。

このまま都丹に終わって欲しくないなぁ……。

雪から掘り出されるその時に、実は都丹が何らかの方法で生きていて、死力を尽くして菊田特務曹長たちに反撃するという熱い展開があったらいいな。

しかし都丹本人は雪崩の発生を知って自身の負けを認めていたし、普通に考えれば都丹は物語から退場か……。


スポンサードリンク



有古一等卒の恐るべき能力

アイヌ出身だからこんな芸当が出来るのだろうか。

まだ観たことはないんだけど、確か高倉健主演で八甲田山雪中行軍の遭難事件は映画にもなっているくらい有名な事件だったはず。

199名も亡くなったような過酷な環境にも負けずに遺体収容作業をこなすというのはただごとじゃないでしょ。
雪への高い対応力は有古一等卒の武器なんだろう。

都丹に仕掛けたトラップも、幼少期から登別の自然と戯れてきたからこそ仕掛けることができた。

この攻撃を仕掛けられるのは登別だけ?
ただ単に、登別の山の地形を熟知しているからこそこんな攻撃が繰り出せるのか?


スポンサードリンク



それとも、雪山であれば初めて来たところでも地形を分析して、こんな恐ろしい戦法で敵を飲み込むことができるのだろうか。

後者だとしたらとんでもない男だ。
アイヌ恐るべし。

さすがにアイヌの男が全員こんなことが出来るわけじゃないだろうから、有古一等卒の才能がすごいということだろう。

その才能を知っている菊田特務曹長もまた有能だ。

今後、有古一等卒はこの戦法で杉元たちを苦しめるのか。

また、一筋縄ではいかない新キャラが出てきた。

ゴールデンカムイ最新第195話有古の庭ネタバレ含む感想と考察。第194話あらすじ。...
第195話 有古の庭前話第194話 硫黄のにおいのあらすじ銃撃戦あらかじめ眼帯をしておいて、目を闇に慣れさせていた菊田特務曹長。都丹庵士は菊田特務曹長が夜の闇の中でも見えていることを察知し、慌てた様子でそれを二人の部下に向けて伝達する。それを受けて歩みを...

195話の感想記事は上記リンクをクリックしてくださいね。

第196話 モス

尾形の容態

杉元がニヴフの作業の意味をアシリパに問う。

アシリパは子供たちは魚の皮を鞣しているのだと答える。
ニヴフはハムマスという皮なめし器を使って靴、服、鞄を作るとアシリパ。
そのため、魚の皮を大量に使うのだろうと、皮を鞣す作業がそこらじゅうで行われている理由を推し図る。

杉元は満面の笑みを浮かべて魚の川の帽子を被っている。
そんな杉元にアシリパは、似合うぞ、と声をかける。

ニヴフの女性は魚の皮を使った伝統料理を作って見せてくれていた。

煮込んだ魚の皮を潰し、それにコケモモやガンコウランを混ぜて、さらにアザラシの油で味付けををする。
それを外気で冷やして固める。

出来たのは冬限定で食べられるお菓子「モス」だった。


スポンサードリンク



「もすッ!!」
お菓子の名前に反応したのは鯉登少尉だった。

みんなでモスを食べている最中、うふふ、と一人笑いながら「もす!」と満足そうに呟く。

ごきげんですね、と鯉登少尉に声をかけたのは月島軍曹だった。

鯉登少尉は父親の鯉登少将のことを思い出したと返す。
アシリパを救うという、先遣隊としては良い結果を残せた。
それを父上に報告できるのが嬉しい、と続ける。

誇らしく思ってくれるはず、と月島軍曹。
そして鶴見中尉も喜ぶだろうと続ける。

その言葉に、鯉登少尉はひと際表情を輝かせて月島軍曹に振り返る。
そしてモスを横になっている月島軍曹に食べさせようとするが、モスは月島軍曹の右目に落ちてしまう。
月島軍曹は顔面をしかめてモスを動かし、口元まで運ぼうする。


スポンサードリンク



ニヴフの女性がまた何か別のものを棒ですり潰している。

何の料理なのかと問う杉元。

傷薬を作っていると、とニヴフの答えを訳したのはエノノカだった。
ニヴフでは海岸に生えているシロヨモギを潰したものを傷に塗って治すのだという。
「でもあっちの人 草だけじゃ治せない」

その場の全員の視線が尾形に集中する。
尾形は目を包帯で巻かれ、体を横たえていた。

杉元は尾形の様子を見て、医者を連れてこなくてはと呟く。

それに反感を示したのは鯉登少尉だった。

自分たちはロシアに密入国したのであり、日本兵の自分たちが亜港へ戻ったら通報される可能性がある。
そんな危険を犯してまで尾形を助ける必要はないはずだと鯉登少尉は主張するのだった。

それをアシリパは黙って聞いている。

しかし、月島軍曹もきちんと医者に診せた方がいいだろ、という杉元の主張に鯉登少尉は抗しきれず口を噤むのだった。


スポンサードリンク



一行は亜港の医者の家に来ていた。

医者に、患者が一杯だからと断られるも、杉元は譲らない。
「ほっとけば死ぬから来てくれ カネなら(鯉登が)たくさん出す そう伝えてくれ」

杉元とエノノカお爺さんとのやりとりを聞いていた医者が杉元に訊ねる。
「(日本語か?)」

医者の指摘に驚いた杉元は緊張感に思わず固まる。

「(私は日露戦争へ行った)」

「バレちまったんなら話は早いぜ」
杉元は銃を構えて、医者に銃口を向ける。


スポンサードリンク



有古一等卒の行方

療養所。

宇佐美上等兵と二階堂が寛いでいる。

あの山での戦いから4日が経過していた。

菊田特務曹長は、一向に戻って来ない有古一等卒を探しに連日、山へ出ていた。

宇佐美上等兵と二階堂は有古一等卒の生存は絶望的だと考えていた。

二階堂から、鶴見中尉に電報を送ったのかと訊かれた宇佐美上等兵。

宇佐美上等兵は鶴見中尉が登別に来るのだが、有古一等卒は死んでしまい、自分は脚を負傷、おまけに囚人は逃がしてしまったと言って、徐々に興奮を高めていく。
「はあああ~ また叱られてしまうッ!!」
最高潮に達し、目をカッと見開く宇佐美上等兵。

そして鶴見中尉の到着を待ちわびて、落ち着かない様子で畳の上をゴロゴロと転がる。


スポンサードリンク



有古一等卒はアイヌの家に世話になっていた。

その主であるアイヌの女性が「イポプテ」と有古一等卒のアイヌ名を呼ぶ。

その女性の後から出てきたのは菊田特務曹長だった。
「よぉ有古…生きてんなら教えろよ 心配したぜ」

「お待ちしておりました」
有古一等卒の傍らには都丹庵士から剥がした刺青人皮がある。
木で組まれた四角の枠の内側に人皮をセットし、各辺から紐でピンと張られて、刺青人皮が見事に一枚の地図のような状態になっている。

菊田特務曹長はそれを見て、刺青を剥がしたことに関して説明を求める。


スポンサードリンク



有古一等卒は都丹庵士の刺青が正中線で途切れていることに、剥げという意図が込められていると気づいていた。
そして、都丹を仕留めたのが山奥だったので死体を担いで運ぶのは大変なため、その場で剥いだのだと菊田特務曹長に説明する。

さらに宇佐美上等兵らによって手柄を横取りされる可能性があったので、菊田特務曹長が探しに来るまで村に身を隠していたと有古一等卒が答える。

有古一等卒の説明を聞きながら、菊田特務曹長は満足そうな笑みを浮かべる。

都丹の銃は雪崩に埋まってしまったため、戦利品は刺青人皮とこれだけです、と有古一等卒は菊田特務曹長にスカーフを手渡す。

「よくやった有古 すべて完璧な判断だ」
菊田特務曹長はスカーフを首に巻く
「俺たちは登別温泉で無駄にした時間を取り戻せる」

「鶴見中尉殿にこれ以上ない手土産が出来たんだからな」


スポンサードリンク



尾形を救う

杉元たちは尾形と月島軍曹の元に医者を連れ帰っていた。

早速医者に診てもらう月島軍曹。

「(お前たち日本の兵士か?)」

医者の問いに月島軍曹が答える。
「(連れ去られた女の子を取り返しに来た 回復したらおとなしく日本へ帰る)」

医者は尾形に関しては重傷なので自分の病院に運んで手術する必要があるとの判断を口にする。

「ダメだ ここでやれ」
それを即、突っぱねる鯉登少尉。

「(彼を助けたいんだろ?)」
一切引かず、声を張る医者。


スポンサードリンク



杉元は医者の提案を受け入れる。

「おい杉元 いい加減に…」

「尾形にはいろいろ聞くことがある」
鯉登少尉の言葉を、杉元が遮る。
その表情には有無を言わせぬ迫力があった。
「まだ死なせない」

鯉登少尉はそれ以上、杉元に反対できなかった。

「『ロシア軍に通報すればせっかく治療したのが無駄になる』だとさ」

月島軍曹は、医者が自分たちを通報する意思がないことを説明する。


スポンサードリンク



雪が降っている。

そんな中、杉元たちは犬ぞりで医者の家に向かおうとしていた。

尾形をそりに乗せて、紐でそりに括りつける。

準備完了し、杉元は出発の号令をかける。

鯉登少尉が杉元に問いかける。
「尾形を救ったとしてあいつが改心して本当のことを話すなんて期待してるほどおめでたくはないよな?」

杉元は振り向くと、鯉登少尉に答える。
「救いたいのはあいつじゃねえ」

杉元の前にはアシリパが座っている。


スポンサードリンク



第196話 モスの感想

都丹死亡

都丹庵士退場か……。

残念……。

ただ、その代わりに出てきた新キャラの菊田特務曹長と有古一等卒は強者だとわかった。

特に今回は有古一等卒の特質が光っていた。
彼の冷静さは強力な武器といって良いだろう。

菊田特務曹長と合わせて今後この二人の物語での役割に注目していきたい。


スポンサードリンク



ブレない杉元

杉元は全くブレないな。

つい先日まで敵として追跡していた憎きた尾形の命を救うことに必死なのは、すべてはアシリパのため。

そのためなら自分が重傷を負わされた恨みなどなかったように振る舞う。
というか、実際どうでもいいのだろう。

尾形に嘘をつかれて困惑し、曇ったアシリパの心を晴らしたいということではないか。

尾形に真実を告白させることは中々困難だと思うけど、尾形の最大の武器である狙撃技術を支える右目を失ったことで、彼の心に何かしらの変化が生じているかもしれない。

杉元が尾形を死なせまいとしているのは、基本的にはアシリパのためだ。
しかし、実はそんな杉元の無意識下に、尾形のことも救いたいという純粋な想いも密かに紛れていると個人的には思いたい。

かつて旅をした仲間だもの。情はあるだろう。

果たして尾形は杉元たちに真実を告げるのか。

以上、ゴールデンカムイ第196話のネタバレを含む感想と考察でした。

第197話に続きます。

ゴールデンカムイ最新第196話モスネタバレ含む感想と考察。第195話あらすじ。尾形...
第196話 モス前話第195話 有古の庭のあらすじ正体がバレる都丹を追って洞窟に入った菊田特務曹長、有古一等卒、宇佐美上等兵。3人は、地面から生えた氷筍を割ると、その音目がけて洞窟の奥から銃弾が飛んでくることから、自然と動きを止め、物音を立てずに様子を窺...

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280