ゴールデンカムイ最新第180話+179話あらすじと感想(ネタバレ含む)と考察。

スポンサーリンク

※第179話のみ。第180話はヤングジャンプ発売後に更新予定です。

前話第179話 間宮海峡のあらすじ

銃弾

銃弾を腹部に受け、フィーナは赤ちゃんを抱いたまま倒れている。

弾丸はフィーナとオリガを同時に傷つけていた。

フィーナに駆け寄ったソフィア。
彼女たちを傷つけたのが自分の撃った銃弾なのではないかと激しく狼狽する。

写真館からやってきた長谷川がフィーナの様子を見るも、既に治療の施しようがなかったのか、だめだ、と呟くのみ。

ウイルクは彼女の傍らに落ちている自分の手配書に気付いていた。

長谷川は特に取り乱す様子も見せず、ウイルクたちにロシア政府の追ってから逃げるために行きなさい、と呼びかける。

ただただ狼狽していたソフィアは泣きそうな表情を浮かべて、オリガを抱いていた。
「長谷川サン…」

「早く行きなさい」
長谷川のその言葉は全く感情を内包せず、しかし有無を言わせぬ迫力を見せる。

そしてウイルクたちはフィーナを抱き続ける長谷川を置いて逃げるのだった。


スポンサードリンク



長谷川さんとはそれきりだ、と振り返るキロランケ。

自分が赤ん坊を殺したと自らを責め続けるソフィアに、キロランケは自身の撃った機関銃が赤ん坊の命を奪ったのかもと慰めていた。

しかし一向にソフィアはそれを可能性の一つとして受け入れようとしない。

ウイルクは、極東まで手配書が出回っている以上、港が危険なので日本入国は難しいと呟く。
そして、現在地のウラジオストクから北上し、樺太に近づくことを提案する。

北へ行ってどうする、というキロランケからの問いかけに、ウイルクは、考えがある、と答える。

「待っていたものがついに来た」
崖に立つキロランケ、白石、アシリパ、尾形たちの目の前、海一面に流氷が生じていた。

流氷がぶつかり合い、やがてそれは一塊の氷となり、タタール海峡は厚い氷に覆われていく。

ウイルクは、ユーラシア大陸と樺太が海峡を氷で繋ぐのを待っていたのだった。
「この氷上を歩いて樺太へ渡る 一日中歩けば着く距離だ」

そしてウイルクは北海道に渡る理由をロシア政府から逃げるだけではなく、ロシア政府漏れてきた『ある情報』を確かめに行くことを目標とする必要があると続ける。


スポンサードリンク



ウイルクはソフィアが立ち止まっており、自分たちと距離を置いていることにきづく。

どうした? というウイルクからの呼びかけにソフィアは強い意志を秘めた表情で答える。
「(私は行けない)」

「(ウイルク あなたを愛しているから)」

ソフィアは自身が殺したと思っている赤ん坊のことが頭から離れないと告白する。
そして女としての幸せはいらないこと、そして革命家としてこの土地で戦うを宣言するのだった。

キロランケはロシア帝国に農奴という奴隷と農民の中間のような身分の人達がいるとアシリパに説明する。

地主の所有物である農奴は半分奴隷のような環境下で生きていた。

アレクサンドル2世の改革によりその風潮に変化は見られたものの、改善はなかったとキロランケは振り返る。

革命家は、古い体制のまま国として他の西欧列強に立ち遅れる中で、農民に蜂起を迫ったにも関わらず彼らがそれに反応しなかったのはロシア正教のせいだと考えていた。

なので、まだロシア正教に染まっていない極東の少数民族たちと共に戦おうとソフィアは考えていたのだった。


スポンサードリンク



少数民族もまたロシアの拡大に不安を抱いていた。
素朴に信じられていたカムイがロシア正教に侵されていく。

「いずれ自分たちも文句を言わない敬虔な信者にされてしまう」

だからウイルクとキロランケはソフィアたち革命家に加担したのだった。

流氷に向かうウイルクとキロランケを見送るソフィア。

アシリパはウイルクの最期を伝えたのかとキロランケに問いかける。

亜港監獄。

ソフィアが蝋燭の燭台のそばで涙を流しながら手紙読んでいる。
(ウイルク……!)

ソフィアを脱獄させたらこの氷を渡って大陸へと向かえとキロランケ。
大陸にいるソフィアの仲間たちと合流するよう方針を固める。


スポンサードリンク



正体

フィーナ、と長谷川は妻を抱きながら呼びかける。

息も絶え絶えになりながら、コウイチ、と呟いてフィーナは手の甲を長谷川の頬につける。

長谷川はその手をゆっくりとどかし、フィーナの顔をじっと見たまま、やかに訂正する。
「私の名前は長谷川幸一ではないんだ……」

あなたは誰? とフィーナに問われ、長谷川が答える。・
「鶴見篤四郎」
眼鏡を外し、オリガを抱き締める

鶴見はオリガの小さな手をそっと摘むとそれを自分の頬に触れさせる。

長谷川写真館のベッドにはフィーナとオリガが横たえられていた。
建物に火を点け、鶴見はその場を立ち去るのだった。


スポンサードリンク



第179話 間宮海峡の振り返り感想

まさかの人物

思わず声が出てしまった。
衝撃的な終わり方だわ。

なんと長谷川幸一は鶴見中尉……!
ようやく名前が判明した。鶴見篤四郎。かっこいい。

鶴見中尉は狂気というイメージが先行しがちだが、今回の話の悲劇が人格の変質に影響していることは間違いないだろう。
ラストのコマの長谷川の表情は本当に複雑に感じる。果たして彼の胸に去来している想いが怒りなのか、悲しみなのか。何かを決意しているようにも見える。

元々は穏やかな人物だったようだが、今回の話の悲劇と、それに加えて後の日露戦争と戦後の日本の対応により金塊奪取による北海道独立を目論むまでになったわけだ。
フィーナとオリガを撃ってしまったと狼狽し、嘆き悲しむソフィアを前にして見せた長谷川の感情を排した、しかし迫力ある表情は現在の鶴見中尉のイメージと繋がる。
どうやら最愛の人と娘を同時に亡くしたことが、現在の鶴見中尉に至る契機だったとみてよいのではないか。


スポンサードリンク



長谷川が日本軍のスパイという時点で、鶴見中尉の過去の姿である可能性に思い至るべきだったなぁ。
後の情報将校という地位とも一貫性があるし……。これはひょっとしてと思っていた人はいただろうな。
自分は全く気付かなかった。まだまだ読み方が甘いわけだ……。

しかし、まさか鶴見中尉とキロランケやウイルク、ソフィアが接触していた過去があったとはなー。

鶴見中尉はウイルクとキロランケのことを分かっているが、その逆は無い。
キロランケが鶴見中尉が長谷川幸一だったと知ったらどんな反応になるのだろう。

現時点において、どの陣営よりも情報面で上をいっているっぽいのは鶴見中尉なのかな。
ロシア及び樺太からのキロランケや杉元たちの情報は日本にいながらにして把握していてもおかしくないと思う。


スポンサードリンク



長谷川写真館を妻と娘の死体ごと焼却した鶴見中尉。

彼はこの後、どういう人生を辿って日露戦争に向かうのだろう。

前々回の話から思わぬ形で思わぬ人物の過去に触れてきたわけだが、まだまだ断片を知ったに過ぎない。

今後さらに詳細な過去が明かされることを期待したい。


スポンサードリンク



ソフィアがキロランケ達と別れた理由

キロランケとウイルクは海峡を埋め尽くす流氷を足場にして、無事に北海道に渡ってロシア政府から逃げることができた。
しかし何故ここまで行動を共にしていたソフィアだけが別れて亜港刑務所に捕まっているのかと不思議に思っていた。

その答えが今回の話なわけだ。
ソフィアが日本に渡らなかったのは、フィーナとオリガへの贖罪の為だったのか……。
自分だけ無事に逃げ延びて幸せになるわけにはいかない、革命家として人々のために戦わなければ、という決意をしていたのね。
革命家として国民を放っておけないという使命感が、母と子を殺害してしまった(実際ソフィアの弾なのかは不明だけど)その罪悪感によってウイルクへの想いよりも勝ったということだと自分は解釈した。

キロランケが言うように、機関銃の弾が当たったんじゃないかと自分も思ってたんだけど、ソフィアは自分が撃ってしまったと信じていたようだ。
それなりの期間、顔を合わせてきた女性と子どもだから、余計にソフィアのショックは大きかったのかな。

愛していたウイルクと別れた後、ソフィアは革命家としての戦いに身を投じていく。
しかし何度目かの戦いでついに敗れてしまい、亜港監獄へと収監され現在に至ると。


スポンサードリンク



ウイルク死去を知らせる手紙を読んで涙を流す現在のソフィアが、哀しいんだけど顔があまりにもゴツ過ぎて、思わずぎょっとしてしまった(笑)。

ウイルクと別れてから革命家として戦いに身を投じてきたソフィアは、女としての幸せを求めなくなっていたからこそ、いつしかこのようなゴツい女性に変貌したのかな。

ソフィアは出てきた時はかなり豪胆な印象だった。
でも不思議と、ウイルクの訃報を知らせる手紙を読んで涙を流すソフィアの姿に、かつてのウイルクのそばにいた頃の美しい頃の雰囲気をどことなく感じた。

早く彼女の脱獄を助けてあげて、彼女が戦いを捨てて幸せ生きていけることを祈りたい。


スポンサードリンク



ある情報

流氷を渡る前、ウイルクの言ったロシア政府から漏れてきたという『ある情報』とは一体なんのことなのか。

金塊はアイヌが隠したわけでしょ? ロシア政府がそのことを知ってるわけないよな……。
じゃ、金塊以外の情報だったらそれは何があり得るのだろう……。うーん。思いつかない。

北海道に渡ったウイルクやキロランケがアイヌと接触したことが、そのヒントになったりしないかな……。


スポンサードリンク




ゴールデンカムイ最新第178話革命家+177話あらすじと感想(ネタバレ含む)と考察。...
前話第177話 長谷川写真館のあらすじ長谷川幸一長谷川幸一はカメラで丘の上から町を俯瞰で撮ろうとしていた。 その時、背後から聞こえてくる遠吠え。振り向くと、そこには狼の姿がある。 長谷川が慌ててカメラの被写体を町から狼に変えようとするも、既に...

179話の感想記事は上記リンクをクリックしてくださいね。

第180話

※後日追記予定。

ゴールデンカムイのアニメ動画配信を快適に観る方法。
ゴールデンカムイのアニメが放送された2018年4月。10月からは2期が始まります。こんなサイトを運営しているからには当然アニメもチェックするわけですが、しかし、実は自分の住んでいるところでは悲しい事にテレビでの放送が無いんですよね。 東京や大阪、北海...

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280